• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

家族不適応殺——新幹線無差別殺傷犯、小島一朗の実像

¥1,870

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

新幹線無差別殺傷事件。理解不能な動機、思考を浮き彫りにする驚愕のルポ!

国家に親代わりを求めた男。法廷で無期懲役に万歳三唱をし、殺人犯なのに刑務所で生存権を主張し続ける犯人・小島一朗。誰も踏み込まなかったその内面に、異端の写真家が迫る。全真相解明、驚愕の事件ルポ。

犯人はいったい何者なのか?

<新幹線無差別殺傷事件>
2018年6月9日、走行中の東海道新幹線の車内で男女3人が襲われ、2名が重軽傷、男性が死亡した。「刑務所に入りたい」という動機だったため、一審で無期懲役となった際に小島一朗は法廷で万歳三唱をした。控訴せず20年1月に刑が確定。小島は刑務所内で生存権を主張し続けている。

2008年以降の無差別殺人事件の犯人は前科前歴なし、両親は揃っており、貧困家庭でもなく友人関係に問題もない、「普通」の者が多い。だが、「死刑になるため」「刑務所に入るため」と彼らは犯行に及ぶ。

約3年にわたる取材でその理解不能な動機、思考を浮き彫りにする。
[出版社より]


著 者|インベ カヲリ★
出版社|KADOKAWA
定 価|1,700円+税
判 型|四六判/並製
頁 数|296

ISBN|9784041109434
初 版|2021年09月


Contents
序章 鞘─―刑務所に入る夢を叶えた男 
第一章 心――写真家が人殺しに興味を持つ理由
第二章 偏―─歩み寄る難しさ
第三章 記―─「むしゃくしゃしてやった、誰でもよかった」の真相
第四章 凶―─餓死することを止め、生きる選択をした
第五章 会―─アクリル板越しの作り笑顔
第六章 家―─浮かび上がるいい子
第七章 迷―─食い違う家族の言い分
第八章 裁―─真実が語られない虚無な裁判
第九章 答――刑務所でしか手に入らないもの─
第十章 辿―─犯行時のシミュレーションから感じること─
最終章 刑―─自傷行為を通して得られる愛

あとがき
主要参考文献一覧


Author
インベ カヲリ★
1980年東京都生まれ。写真家。ライター。短大卒業後、独学で写真を始める。伊奈信男賞、日本写真協会賞新人賞受賞。著書に「理想の猫じゃない」「ノーモア立川明日香」など。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト/レターパックプラス

    全国一律 ¥250

※¥5,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • お嬢さんと嘘と男たちのデス・ロード——ジェンダー・フェミニズム批評入門
    ¥1,760
  • ROCK&ROLL RECORDER
    ¥3,080
  • 短篇文藝漫画集 機械・猫町・東京だより
    ¥1,980

商品の評価

Mail Magazine

新商品やキャンペーンなどの最新情報をお届けいたします。