• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

読者に憐れみを——ヴォネガットが教える「書くことについて」

¥3,520

SOLD OUT

再入荷通知を希望する

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

『スローターハウス5』『タイタンの妖女』などで知られる戦後アメリカを代表する作家、カート・ヴォネガットの「書くこと」と「人生について」。

辛辣で、機知に富み、心優しきニヒリスト、ヒューマニストで、教師としては熱血漢。「書くことは魂を育むこと」を生涯の信条としたヴォネガットの教えを、彼自身の言葉と小説の引用、そして周囲の人々の談話からまとめた、「ヴォネガット流・創作指南+回顧録的文章読本」。生誕100年を記念し、待望の邦訳。
[出版社より]


著 者|カート・ヴォネガット&スザンヌ・マッコーネル
訳 者|金原瑞人・石田文子
出版社|フィルムアート社
定 価|3,200円+税
判 型|四六判/上製
頁 数|616

ISBN| 978-4-8459-2003-7
初 版|2022年06月


Contents
はじめに
第1章 何かを書こうとしているすべての人へのアドバイス
第2章 小説を書くことについて
第3章 原動力
第4章 回り道をしながら前進
第5章 まっしぐらに前進
第6章 突破
第7章 価値あるテーマを見つけることへの不安、すなわち死の欠乏
第8章 原動力の切り札、すなわち恐れないこと
第9章 魂の成長
第10章 避難所

第11章 偉大な芸術をつくるもの、すなわち芸術と魂
第12章 変化の触媒
第13章 教師、すなわちもっとも気高い職業としての作家
第14章 教室のヴォネガット
第15章 重みと感触
第16章 才能
第17章 勤勉さ
第18章 落とし穴
第19章 方法論主義
第20章 実体化

第21章 増殖
第22章 再生
第23章 真珠の中の真珠
第24章 冒頭部
第25章 プロット
第26章 登場人物
第27章 耳で聞く散文
第28章 目で見る散文
第29章 ジョーク好き
第30章 ブラックユーモア

第31章 もっといい話になるように──見直しと校閲
第32章 どれにしようかな、すなわち選択
第33章 生計を立てること
第34章 心身のケアをすること
第35章 人生と芸術で遊びほうけること
第36章 愛、結婚、そしてベビーカー
第37章 いっしょのほうがいい、すなわちコミュニティ


Author
カート・ヴォネガット Kurt Vonnegut
1922年インディアナ州インディアナポリス生まれ。2007年没。現代アメリカ文学を代表する作家。14の長編小説のほか、講演集、エッセイ集、書簡集、戯曲などさまざまな作品がある。代表作に『プレイヤー・ピアノ』『タイタンの妖女』『母なる夜』『猫のゆりかご』『スローターハウス5』『チャンピオンたちの朝食』ほか多数。アイオワ大学文芸創作講座での教師時代には、ジョン・アーヴィングらも指導した。
ヴォネガットの小説は、想像力が生きる力となることを示し、今なお新たな世代に影響を及ぼし続けている。ヴォネガット生誕100年を迎え、新たなヴォネガット像を鮮やかに伝える本書が彼の教え子の手で書かれたことは、世界中の読者にとって思いがけない幸運といえるだろう。

スザンヌ・マッコーネル Suzanne McConnell
作家、編集者、文芸創作の教師。1965年から67年まで、アイオワ大学文芸創作講座でカート・ヴォネガットに教えを受けた(ヴォネガットは『スローターハウス5』を執筆中の時期だった)。ヴォネガットとマッコーネルは友人となり、その友情はヴォネガットが亡くなるまで続いた。マッコーネルはヴォネガットに関する短い回想録を『ブルックリン・レイル』と『ライターズ・ダイジェスト』の二誌に発表している。2014年には、作家および文芸創作教育協会(AWP)主催の「ヴォネガットのレガシー:戦争その他の人間の存在を脅かす災難について書くこと」という討論会でパネリストを務めた。また、ハンター・カレッジで30年間文芸創作の教師を務め、『ベルヴュー・リテラリー・レヴュー』誌で小説部門の編集者を務めている。彼女の小説はプッシュカート賞に二度ノミネートされ、『ニュー・オハイオ・レヴュー』誌の2015年度小説コンテストで最優秀賞、『プライム・ナンバー・マガジン』誌の2014年度超短編小説部門で最優秀賞、『ソー・トゥー・スピーク』誌の2008年度小説コンテストで次席賞を受賞している。

Translator
金原 瑞人 Mizuhito Kanehara
1954年岡山市生まれ。法政大学教授・翻訳家。児童書、ヤングアダルト小説、一般書、ノンフィクションなど600点近くの翻訳を手がける。訳書にヴォネガット『国のない男』、シールズ『人生なんて、そんなものさ カート・ヴォネガットの生涯』、マコックラン『不思議を売る男』、シアラー『青空のむこう』、グリーン『さよならを待つふたりのために』、モーム『月と六ペンス』、クールマン『リンドバーグ 空飛ぶネズミの大冒険』、サリンジャー『このサンドイッチ、マヨネーズ忘れてる ハプワース16、1924年』など。エッセイ集に『サリンジャーにマティーニを教わった』、日本の古典の翻案に『雨月物語』『仮名手本忠臣蔵』など。HPはhttp://www.kanehara.jp/

石田 文子 Fumiko Ishida
1961年大阪府生まれ。大阪大学人間科学部卒業。金原氏に師事して翻訳関係の仕事にたずさわる。訳書にドイル『シャーロック・ホームズの冒険』『名探偵シャーロック・ホームズ』、アーバイン『小説タンタンの冒険』、シアラー『スノー・ドーム』、ハプティー『オットーと空飛ぶふたご』、ローズ『ティモレオン』(共訳)、アームストロング『カナリーズソング』(共訳)、カリー『天才たちの日課』『天才たちの日課 女性編』(共訳)、バーサド&エルダキン『文学効能事典』(共訳)などがある。京都府在住。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト/レターパックプラス

    全国一律 ¥250

※¥5,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • サスペンス小説の書き方——パトリシア・ハイスミスの創作講座
    ¥2,200
  • 翻訳のスキャンダル 差異の倫理にむけて
    ¥2,860
  • クリティカル・ワード 現代建築——社会を映し出す建築の100年史
    ¥2,420

商品の評価

Mail Magazine

新商品やキャンペーンなどの最新情報をお届けいたします。