• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

現代思想 2022年06月臨時増刊号 ウクライナから問う

¥1,980

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

渦中のロシア・ウクライナ、その歴史・政治・文化を探る。

ロシア軍によるウクライナ侵攻を機に、世界全体が大きく揺れ動いている。複雑に進展する不確かな情況のさなかにあっていたずらに煽情的な言説も飛び交うなか、事態の背景にある歴史を踏まえた射程の長い議論の場を開いていくために――政治、思想、文化など多角的な視点から「いま何が起こっているのか」を問う。
[編集部より]


出版社|青土社
定 価|1,800円+税
判 型|A5変型判/並製
頁 数|382

ISBN|978-4-7917-1430-8
初 版|2020年05月


Contents
【声】
ブチャの後で / ユーリィ・アンドルホヴィチ/加藤有子訳

【ドキュメント】
困難な戦争避難も次には慣れていく――あるウクライナ在住者の記録 / アベル・ポレーゼ/石岡丈昇訳

【討議】
戦争とアイデンティティの問題――ロシア史・ソ連史のパースペクティヴ / 塩川伸明+池田嘉郎

【境界の歴史】
二〇世紀初頭のウクライナ・ナショナリズムとロシア・ナショナリズム――「独立説」と「一体説」の系譜 / 村田優樹
埋葬されない帝国の記念碑――ウクライナ戦争と境界の消失 / 平松潤奈
実体化する境界――「ロシアーウクライナ」の二項対立の図式をめぐって / 中村唯史
割れた洗礼盤――「ロシア世界」という想像の共同体とその終焉 / 高橋沙奈美
ウクライナの隣人としてのポーランド――戦後ポーランド知識人の思想と行動から辿る二国間関係 / 中井杏奈

【何が起こっているのか】
ウクライナ文化の危機の本質――侵攻の口実にされた「文化」と時代錯誤の植民地主義 / 加藤有子
未来なき社会はおぞましい夢を見る / 白井聡
「解放」という名の侵略 / 岩下明裕
ドンバスの保護、ウクライナの脱ナチ化――露ウ戦争の目的と矛盾 / 松里公孝
ロシア語を話すユダヤ人コメディアン VS ユダヤ人贔屓の元KGBスパイ / 赤尾光春
ロシアによるウクライナ軍事侵攻は道徳的に正しいのか? / 眞嶋俊造

【〈大国〉の実相】
疑念の文化 / サーシャ・フィリペンコ/奈倉有里訳
キエフの聖職者が作ったロシア国家像 / 下斗米伸夫
イデオロギーと暴力 / 乗松亨平
「ドゥーギン=陰のメンター」説を解体する / 浜由樹子
地政学か、普遍主義か――ロシアとドイツ右翼の共同戦線? / 大竹弘二
「新世界秩序」陰謀論と「第三のローマ」としてのロシア / 辻隆太朗
ロシア的身体――映像の中の君主たち / 畠山宗明

【表現の/と政治】
「プーチン政権は最終章に入ったと思います」ボリス・アクーニン、戦争そして「本当のロシア」を語る / ボリス・アクーニン/ジェシー・ケイナー(聞き手)/ターニャ・ミツリンスカヤ訳
アート・廃墟・再生――ウクライナとロシアの美術界の現在 / 鴻野わか菜
ロシア知識人の苦悩――カインは何度アベルを殺すのか / 沼野恭子
フェミニストはなぜ戦争と闘うのか / 高柳聡子
混沌から分断へ――現代ロシアの文学と政治 / 松下隆志

【冷戦という時空間】
ソ連/ロシアの宇宙開発の国際政治上の意味 / 鈴木一人
“原子力国家”ソ連とウクライナ / 市川浩
プーチンが踏みにじる“古き良き“ソ連――あるいは、ウランバートルとキーウとモスクワをつなぐ文化圏の終焉 / 島村一平

【深層と周縁へ】
ユーラシアの臨界点――ウクライナ危機に寄せて / 福嶋亮大
キエフとモスクワのあいだ――前近代アフロ・ユーラシア史からの視界 / 諫早庸一
色褪せた規範のゴミを紛争地に捨てるな / 酒井啓子
シリアとウクライナ――大国間の「代理戦争」がもたらす悲劇 / 青山弘之

【いま〈戦争〉を問う】
ウクライナ戦争の背景 / マウリツィオ・ラッツァラート/杉村昌昭訳
再領土化(バックラッシュ)の地政学的衝突という悲劇――ウクライナ危機をめぐる錯視について / 土佐弘之
自由と平和を呼びかける〈声〉とその射程――中心と周縁について再び考える / 五野井郁夫
肉体、領土、男性国家――戦争における物質性の復権 / 海妻径子
ウクライナ侵攻とダブルスタンダードーー「避難民」対応が映し出す不条理な世界 / 平野雄吾

【応答への方途】
ウクライナ侵攻を報じるマスメディアの荒涼たる砂漠にようこそ / 金平茂紀
「戦争の語り」と私たちの社会――ウクライナと地続きのドイツで戦争の報を聞いて / 柳原伸洋
グレーゾーンの彼方 / 若林千代

【アンソロジー】
ウクライナ人の世界を知るための四文献 / 原真咲選・訳

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト/レターパックプラス

    全国一律 ¥250

※¥5,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • 死刑について
    ¥1,320
  • 現代思想 2022年07月号 「加害者」を考える
    ¥1,650
  • 空爆論 メディアと戦争
    ¥2,530

商品の評価

Mail Magazine

新商品やキャンペーンなどの最新情報をお届けいたします。