• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

夜の少年

¥2,420

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

フランスの本屋大賞最終候補作! 父と息子の不器用な愛の物語。

フランス北東部。妻亡き後、わたしは息子二人を男手一つで育ててきた。長男のフスは小さい頃は素直だったのに、反抗期を迎え地元の不良とつるむようになったが、いつかは分かり合えると思っていた。あの日、あの事件を起こすまでは――。不器用な父子の感動物語。
[出版社より]


原 書|CE QU'IL FAUT DE NUIT
著 者|ローラン・プティマンジャン
訳 者|松本百合子
出版社|早川書房
定 価|2,200円+税
判 型|四六判/上製
頁 数|176

ISBN|9784152101341
発 行|2022年05月


Author
ローラン・プティマンジャン Laurent Petitmangin
1965年、フランス、ロレーヌ地方の鉄道員の家庭に生まれる。本作『夜の少年』の舞台となったメスで約20年過ごしたあと、高等教育を受けるためリヨンに移る。エール・フランス入社後、現在も同社に在籍している。十数年前から創作活動を始め、本作でデビュー。高校生が選ぶフェミナ賞など、数多くの賞を受賞した。2021年、第二作となるAinsi Berlin(ベルリンのように)を発表。

Translator
松本 百合子 Yuriko Matsuoka
上智大学文学部仏文科卒業 著書『それでも暮らし続けたいパリ』 訳書『Kitano par Kitano 北野武による「たけし」』北野武,ミシェル・テマン(早川書房刊),『生きながら火に焼かれて』スアド,『かもめの叫び』エマニュエル・ラボリ,『ヌヌ 完璧なベビーシッター』レイラ・スリマニ,他多数。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト/レターパックプラス

    全国一律 ¥250

※¥5,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • お嬢さんと嘘と男たちのデス・ロード——ジェンダー・フェミニズム批評入門
    ¥1,760
  • ROCK&ROLL RECORDER
    ¥3,080
  • 短篇文藝漫画集 機械・猫町・東京だより
    ¥1,980

商品の評価

Mail Magazine

新商品やキャンペーンなどの最新情報をお届けいたします。