• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

葛原妙子歌集

¥2,200

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

戦後短歌史に燦然と輝く歌人・葛原妙子。
すべての歌集から1500首を厳選、葛原の壮大な短歌世界が堪能できる一冊。

読売新聞「読書委員が選ぶ2021年の3冊」に選出。
「先人の仕事を伝える労作」——尾崎真理子
[出版社より]


著 者|葛原妙子
編 者|葛原妙子・川野里子
出版社|書肆侃侃房
定 価|2,000円+税
判 型|四六判・仮フランス装
頁 数|296

ISBN|978-4-86385-491-8
初 版|2021年11月


Contents
『橙黃』/『繩文』/『飛行』/『薔薇窓』/『原牛』/『葡萄木立』/『朱靈』(完本)/『鷹の井戶』/『をがたま』/『をがたま』補遺/異本『橙黃』

解説(川野里子)
葛原妙子年譜

[ 栞 ]
大森静佳「えぐる、えぐられる」
川野芽生「幻視者の瞼」
平岡直子「この世界で、電気仕掛けの身体で」

[ 収録歌より ]
早春のレモンに深くナイフ立つるをとめよ素睛らしき人生を得よ(『橙黃』)
わがうたにわれの紋章のいまだあらずたそがれのごとくかなしみきたる(『橙黃』)
黑峠とふ峠ありにし あるひは日本の地圖にはあらぬ(『原牛』)
他界より眺めてあらばしづかなる的となるべきゆふぐれの水(『朱靈』)
疾風はうたごゑを攫ふきれぎれに さんた、ま、りぁ、りぁ、りぁ(『朱靈』)


Author
葛原 妙子 Taeko Kuzuhara
1907(明治40)年東京都文京区に生まれる。1939年「潮音」に入社。四賀光子の選を受ける。第二次大戦後本格的に作歌活動を始め、1949年「女人短歌会」創立メンバーとなる。1981年には歌誌「をがたま」創刊。1985年没(洗礼名マリア・フランシスカ)。歌集に『橙黄』『縄文』『飛行』『薔薇窓』『原牛』『葡萄木立』『朱靈』『鷹の井戸』。遺歌集として『をがたま』がある。『葡萄木立』により日本歌人クラブ賞、『朱靈』により第五回迢空賞を受賞。随筆集に『孤宴』がある。

Editor
川野 里子 Satoko Kawano
1959(昭和34)年大分県生まれ。千葉大学文学部日本文化研究科修士課程修了。東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得退学。歌誌「かりん」編集委員。歌集に『太陽の壺』(第13回河野愛子賞)『王者の道』(第15回若山牧水賞)『硝子の島』(第10回小野市詩歌文学賞)『歓待』(第71回読売文学賞)『天窓紀行』など。評論に『新装版 幻想の重量──葛原妙子の戦後短歌』(第6回葛原妙子賞)『七十年の孤独──戦後短歌からの問い』『鑑賞 葛原妙子』など。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト/レターパックプラス

    全国一律 ¥250

※¥5,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • 左川ちか全集
    ¥3,080
  • 山中智恵子歌集
    ¥2,310
  • 赤の自伝
    ¥2,200

商品の評価

Mail Magazine

新商品やキャンペーンなどの最新情報をお届けいたします。