• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

なぜオフィスでラブなのか

¥1,980

SOLD OUT

再入荷通知を希望する

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

「なぜオフィスでラブなのか」。
「職場で出会った人とつきあっています/結婚しました」という話は一般的で、珍しいことではありません。でも、冷静に考えてみると、仕事を目的とする場で、なぜそんなに恋愛が発生するのでしょうか。小説を題材に日本の「オフィスラブ」について、労働にも造詣が深い新進気鋭の著者が論じます。
[出版社より]


著 者|西口 想
出版社|堀之内出版[POSSE叢書]
定 価|1,800円+税
判 型|四六判
頁 数|206

ISBN|978-4-906708-99-4
初版|2019年2月


Contents
まえがき

1 なぜオフィスなのか? よしもとばなな 『白河夜船』
2 祖父母たちのオフィスラブ伝説 田辺聖子 『甘い関係』
3 絶対安全不倫小説 東野圭吾 『夜明けの街で』
4 忘れられた名前を呼ぶとき、オフィスラブが始まる 川上弘美 『ニシノユキヒコの恋と冒険』
5 オフィスラブとセクハラの境界 綿矢りさ 『手のひらの京』
6 私たちが同僚を好きになる不思議 長嶋有 『泣かない女はいない』
7 近代家族と父娘関係の切なさについて 源氏鶏太 『最高殊勲夫人』
8 東京ラブストーリーの貞操をめぐる闘争 柴門ふみ 『東京ラブストーリー』
9 シングルマザーのオフィスラブ 津島佑子 『山を走る女』
10 未来のオフィスラブはプラトニックである 雪舟えま 『プラトニック・プラネッツ』
11 オフィスラブの魔法で人生はときめくか 津村記久子 『カソウスキの行方』
12 オフィスラブと「私」の物語

あとがき


Author
西口 想 So Nishiguchi
1984年東京都生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、テレビ番組制作会社勤務を経て、現在は労働団体職員。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥250が掛かります。

Related Items

  • 緊縮ノスタルジア
    ¥2,970
  • マルクスの物象化論[新版]
    ¥5,500
  • ジェネレーション・レフト
    ¥1,980

商品の評価