• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

わたしたちがこの世界を信じる理由 『シネマ』からのドゥルーズ入門

¥ 2,200

ドゥルーズの映画論にして哲学的な頂点「シネマ」を論じながら、この世界と闘い、この世界を信じるための思考と倫理をさぐる俊英のデビュー作。「シネマ」からのドゥルーズ入門決定版。
[出版社より]


著者|築地正明
出版社|河出書房新社
定価|2,000円+税
判型|四六判
ページ数|256

ISBN|978-4-309-24936-0
初版|2019年11月

Contents


第一章 仮構作用と生
 一 巨人の製造
 二 ヒトラーと神話
 三 「仮構作用」のマイナーな使用法を発明すること

第二章 映画と二十世紀の戦争
 一 大戦という断絶
 二 断絶の内側で
 三 「記憶」概念の変容
 四 異常な運動

第三章 記憶と忘却、そして偽の力
 一 記憶と仮構
 二 言葉、偽の力と記憶
 三 有機的な体制と結晶的な体制
 四 「偽の力」の理論へ

第四章 真理批判――裁きと決別するために
 一 真正な語りと「判断の体系」
 二 ニーチェ主義――「裁きの体制」との戦い
 三 善悪の判断から、良いと悪いの評価へ
 四 超越的な裁きから内在的な正義へ

第五章 自由間接話法と物語行為
 一 新たな物語の構築へ向けて
 二 現実と虚構の対立を乗り越えるために
 三 現代映画の使命

第六章 民が欠けている
 一 何をもって「マイナー」と呼ぶか
 二 民が欠けているとは
 三 語る行為による抵抗

第七章 言葉とイマージュの考古学
 一 言語と非言語の境
 二 イマージュと言葉
 三 考古学
 四 抵抗――出来事を創造すること

第八章 精神の自動人形のゆくえ
 一 映画の自動運動
 二 精神の自動人形の二つの極み
 三 この世界を信じること

結論 この世界を信じる理由――ユーモアと生成

あとがき

Author
築地正明 Masaaki Tsukiji
1981年生まれ。立教大学、武蔵野美術大学などで講師。「ドゥルーズ 新たなる転回」「思想」などに執筆。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    厚さ3cmまでの書籍、Blu-ray、DVD、雑貨が対象。同梱も可能です。

    全国一律 250円

※6,000円以上のご注文で送料が無料になります。

Related Items

  • ビンダー vol.5 特集「オカルト」
    ¥ 1,100
  • 土瀝青 場所が揺らす映画
    ¥ 1,650
  • ヱクリヲ Vol.11 特集「ミュージック×ヴィデオ」「インディーゲームと動詞」
    ¥ 2,210

商品の評価