• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

ゲンロン 0 観光客の哲学

¥ 2,530

第71回毎日出版文化賞(人文・社会部門)受賞!

否定神学的マルチチュードから郵便的マルチチュードへ——。
ナショナリズムが猛威を振るい、グローバリズムが世界を覆う時代、新しい政治思想の足がかりはどこにあるのか。ルソー、ローティ、ネグリ、ドストエフスキー、ネットワーク理論を自在に横断し、ヘーゲルのパラダイムを乗り越える。
著者20年の集大成、東思想の新展開を告げる渾身の書き下ろし新著。
[出版社より]


著者|東浩紀
出版社|ゲンロン
定価|2,300円+税
判型|A5判
ページ数|326

ISBN|978-4-907188-20-7
初版|2017年4月


Contents
第1部 観光客の哲学
第1章 観光
付論  二次創作
第2章 政治とその外部
第3章 二層構造
第4章 郵便的マルチチュードへ

第2部 家族の哲学(序論)
第5章 家族
第6章 不気味なもの
第7章 ドストエフスキーの最後の主体

Author
東 浩紀 Hiroki Azuma
1971年東京生まれ。批評家・作家。ゲンロン代表。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了(学術博士)。専門は哲学、表象文化論、情報社会論。
著書に、『存在論的、郵便的』(1998年、サントリー学芸賞 思想・歴史部門)、『動物化するポストモダン』(2001年)、『クォンタム・ファミリーズ』(2009年、第23回三島由紀夫賞)『一般意志2.0』(2011年)『弱いつながり』(2014年、紀伊國屋じんぶん大賞2015)ほか多数。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    厚さ3cmまでの書籍、Blu-ray、DVD、雑貨が対象。同梱も可能です。

    全国一律 250円

※6,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • 美と、美と、美。資生堂のスタイル展[図録]
    ¥ 2,200
  • わたしたちがこの世界を信じる理由 『シネマ』からのドゥルーズ入門
    ¥ 2,200
  • 寛容は自らを守るために不寛容に対して不寛容になるべきか
    ¥ 2,200

商品の評価