• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

映画はいかにして死ぬか 横断的映画史の試み[新装版]

¥ 2,420

★フィルムアート社創立50周年記念復刊

映画の楽天性を慎ましく肯定する
明晰かつ挑発的。大胆かつ精細。
映画史を奔放に横断し咀嚼する蓮實流映画講義集、ついに復刊!!

「未だ現在進行形の「映画の死」。あなたは間に合ってしまった。とすれば、本書を読む以外の選択肢はない。」
――濱口竜介[映画監督]

わかりやすい言葉と魅力あふれる語り口で展開する「映画講義」。
レイ、ロージー、フラー、サーク、小津、トリュフォーなど、輝かしき饗宴を担った幾多の映画人たちへ深い追憶を捧げながら、大胆な省略と繊細な手さばきで、映画史の風土を滑走する鮮やかな一書。
[出版社より]


著 者|蓮實重彦
出版社|フィルムアート社
定 価|2,200円+税
判 型|四六判
頁 数|298

ISBN|978-4-8459-1810-2
初版|2018年10月


Contents
第Ⅰ講 映画はいかにして死ぬか
 ハリウッドの五〇年代

第Ⅱ講 異邦人の饗宴
 横断的映画史の試み

第Ⅲ講 放浪の音楽家
 映画的健忘症を克服する

第Ⅳ講 三人の作家
 小津安二郎1『麦秋』をめぐって
 小津安二郎2『東京物語』をめぐって
 フランソワ・トリュフォー『恋のエチュード』をめぐって
 鈴木清順『ツィゴイネルワイゼン』をめぐって

第Ⅴ講 ジブラルのタル鮫
 わが映画遍歴
蓮實重彥ベスト10&ワースト5 十年史

あとがき
映画題名索引
初出誌(講演)一覧
新装版あとがき


Author
蓮實重彥 Shigehiko Hasumi
1936年生まれ。1997年から2001年まで東京大学第26代総長。主な著書に、『反゠日本語論』(筑摩書房/読売文学賞受賞)、『凡庸な芸術家の肖像 マクシム・デュ・カン論』(青土社/芸術選奨文部大臣賞受賞)、『監督 小津安二郎』(筑摩書房/仏訳 映画書翻訳最高賞)、『「赤」の誘惑―フィクション論序説』『随想』(以上、新潮社)、『「ボヴァリー夫人」論』(筑摩書房)、『伯爵夫人』(新潮社/三島賞受賞)、『陥没地帯/オペラ・オペラシオネル』(河出書房新社)、『〈淫靡さ〉について』(工藤庸子との共著/羽鳥書店)など多数。1999年、芸術文化コマンドゥール勲章受賞。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    厚さ3cmまでの書籍、Blu-ray、DVD、雑貨が対象。同梱も可能です。

    全国一律 250円

※3,600円以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • ジョゼフ・コーネル コラージュ&モンタージュ
    ¥ 3,850
  • となりのヘルベチカ マンガでわかる欧文フォントの世界
    ¥ 1,760
  • ザ・マンガホニャララ 21世紀の漫画論
    ¥ 1,650

商品の評価