• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

ナチス映画論 ヒトラー・キッチュ・現代

¥ 3,300

禁忌と狂熱の映画史へ

近年、ナチスドイツ/ヒトラーを題材にした映画が多数製作・公開されている。なぜナチスは観客の興味を惹くのか?
プロパガンダにはじまり、戦争責任の追及、悪のイコン、表象不可能性の問題を経て、ナチス表象はいま新たな段階を迎えている。

本書では、戦前から現代までのナチス映画をとりあげ、映像論、映画史、ドイツ史、キッチュ論など多角的な視点から、それらが人々を「魅了」し「熱狂」させる謎、周辺国や演劇などの他ジャンルにおよぶ余波、現在にいたるファシズムの問題を検証する。
世界各国で右傾化、排外主義の波が起こりつつある現在、私たちはナチスの表象から何を学べばよいのだろうか。巻末には主要なナチス映画50作品のガイドを掲載。
[出版社より]


編 者|渋谷哲也・夏目深雪
出版社|森話社
定 価|3,000円+税
判 型|A5判
頁 数|328

ISBN|978-4-86405-144-6
初版|2019年12月


Contents
前書き──二一世紀に増殖するナチズム=渋谷哲也

[I ETHICS - REPRESENTATION]
01 現代の映像環境とナチス映画──ゾンダーコマンドとヒトラーはどこを歩くのか=夏目深雪
02 ホロコースト表象の転換点──『サウルの息子』の触感的経験をめぐって=田中 純
column フェイク/リアルは相反するのか──『帰ってきたヒトラー』=森 達也
03 キッチュで殺せ──ナチス・映画・小市民=生井英考
column ハイル、タノ! 我が生徒たちとのファシズム体験=田野大輔

[II HITLER - GERMAN STUDIES]
04 ナチス時代のドイツ人=田野大輔
05 戦後ドイツにおけるヒトラーの表象──悪魔からコメディアンへ=高橋秀寿
06 ナチスvsニュージャーマンシネマ=渋谷哲也
column 壁の向こうの反ナチ映画──ドイツ民主共和国(東ドイツ)が描いたナチ時代=渋谷哲也

[III AFTERMATH - OTHER COUNTRIES ? THEATER]
07 石鹸と沈黙──イスラエル映画に見る生還者の表象=四方田犬彦
column ジャン=ピエール・メルヴィルの映画とナチス──「待つこと」をめぐって=野崎 歓
08 アイヒマンの同郷人──ピナ・バウシュとナチズムの影=鴻 英良
column クリストフ・シュリンゲンジーフとヒトラー──欲望と注視の再分配=古後奈緒子

後書き──映画批評は生きているのか=夏目深雪
ナチス映画50


Editor
渋谷哲也 Tetsuya Shibutani
ドイツ映画研究。東京国際大学国際関係学部教授。
著書に『ドイツ映画零年』(共和国、2015)、編著書に『ファスビンダー』(共編、現代思潮新社、2005)、『国境を超える現代ヨーロッパ映画250──移民・辺境・マイノリティ』(共編、河出書房新社、2015)など。また『わすれな草』『あやつり糸の世界』『イエロー・ケーキ』などドイツ映画の字幕翻訳を多数手がける。

夏目深雪 Miyuki Natsume
批評家・編集者。
映画を中心に演劇やダンスなどについても執筆。『ユリイカ』や『キネマ旬報』などに寄稿。アプリ版「ぴあ」で「水先案内人」。共編書に、『国境を超える現代ヨーロッパ映画250──移民・辺境・マイノリティ』(2015、河出書房新社)、『アピチャッポン・ウィーラセタクン──光と記憶のアーティスト』(フィルムアート社、2016)、『躍動する東南アジア映画──多文化・越境・連帯』(論創社、2019)など多数。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    厚さ3cmまでの書籍、Blu-ray、DVD、雑貨が対象。同梱も可能です。

    全国一律 250円

※4,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • アメリカン・アヴァンガルド・ムーヴィ
    ¥ 3,850
  • 映像の境域
    ¥ 3,190
  • 監督成瀬巳喜男
    ¥ 3,520

商品の評価