• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

戦争は女の顔をしていない

¥ 1,540

ソ連では第二次世界大戦で百万人をこえる女性が従軍し、看護婦や軍医としてのみならず兵士として武器を手にして戦った。しかし戦後は世間から白い目で見られ、みずからの戦争体験をひた隠しにしなければならなかった——。五百人以上の従軍女性から聞き取りをおこない戦争の真実を明らかにした、ノーベル文学賞受賞作家のデビュー作で主著!
[出版社より]


著 者|アレクシエーヴィチ・スヴェトラーナ
訳 者|三浦みどり
出版社|岩波書店[岩波現代文庫]
定 価|1,400円+税
判 型|文庫判
頁 数|498

ISBN|978-4-00-603295-1
初 版|2016年2月


Contents
思い出したくない
お嬢ちゃんたち、まだねんねじゃないか
恐怖の臭いと鞄いっぱいのチョコレート菓子
しきたりと生活
母のところに戻ったのは私一人だけ…
わが家には二つの戦争が同居してるの
受話器は弾丸を発しない
私たちの褒美は小さなメダルだった
お人形とライフル
死について、そして死を前にしたときの驚きについて
馬や小鳥たちの思い出
あれは私じゃないわ
あの目を今でも憶えています……
私たちは銃を撃ってたんじゃない
特別な石けん「K」と営倉について
焼き付いた軸受けメタルとロシア式の汚い言葉のこと
兵隊であることが求められたけれど,かわいい女の子でもいたかった
甲高い乙女の「ソプラノ」と水兵の迷信
工兵小隊長ってものは二ヶ月しか生きていられないんですよ,お嬢さん方!
いまいましい女(あま)と五月のバラの花
空を前にした時の不思議な静けさと失われた指輪のこと
人間の孤独と弾丸
家畜のエサにしかならないこまっかいクズジャガイモまでだしてくれた
お母ちゃんお父ちゃんのこと
ちっぽけな人生と大きな理念について
子供の入浴とお父さんのようなお母さんについて
赤ずきんちゃんのこと,戦地で猫が見つかる喜びのこと
ひそひそ声と叫び声
その人は心臓のあたりに手をあてて……
間違いだらけの作文とコメディー映画のこと
ふと,生きていたいと熱烈に思った

訳者あとがき
解説 著者と訳者のこと 澤地久枝


Author
スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ Святла́на Алякса́ндраўна Алексіе́віч
1948年ウクライナ生まれ。国立ベラルーシ大学卒業後、ジャーナリストの道を歩む。民の視点に立って、戦争の英雄神話をうちこわし、国家の圧迫に抗い続けながら執筆活動を続ける。

Translator
三浦 みどり Midori Miura
ロシア語通訳・翻訳家。『ノンちゃん雲に乗る』をロシア語に翻訳し出版。アレクシエーヴィチを3冊翻訳、親交があり、来日の際は通訳をおこなった。2012年没。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    厚さ3cmまでの書籍、Blu-ray、DVD、雑貨が対象。同梱も可能です。

    全国一律 ¥ 250

※¥ 4,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • 映画の領分
    ¥ 4,290
  • コロナ後の世界を生きる——私たちの提言
    ¥ 990
  • 性からよむ江戸時代 生活の現場から
    ¥ 902

商品の評価