• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

神話・狂気・哄笑 ドイツ観念論における主体性

¥ 3,850

アメリカにおけるヘーゲル・ルネッサンスの賑わいと、フランスのメイヤスーに代表される思弁的実在論の新展開。

本書は今ドイツでもっとも注目を浴びる若き天才が、ジジェクとともにドイツ観念論の古典再解釈を通じて、そうした現代思想の新潮流を敢然と批判する。しかし、その展開は批判だけに留まらず、「存在論」を再び哲学の中心に据えることで世界を新たな理解へと導く。ドイツでブームとなっているガブリエルの書籍『なぜ世界は存在しないのか』のダイジェスト版論文の翻訳も特別収録。
本書は、2018年にドイッチャー記念賞を受賞し話題となった斎藤幸平氏が出版を企画し、監訳の一人を務めている。
[出版社より]


著 者|マルクス・ガブリエル、スラヴォイ・ジジェク
監 修|大河内泰樹・斎藤幸平
訳 者|飯泉佑介・池松辰男・岡崎佑香・岡崎龍
出版社|堀之内出版[nyx叢書]
定 価|3,500円+税
判 型|四六判/上製
頁 数|360

ISBN|978-4-906708-54-3
初 版|2015年11月


Contents
日本語版へのまえがき  マルクス・ガブリエル

緒論 ポスト・カント的観念論への回帰を求めて  マルクス・ガブリエル スラヴォイ・ジジェク

第一章 反省という神話的存在——ヘーゲル、シェリング、必然性の偶然性について  マルクス・ガブリエル
1 仮象―ヘーゲルの反省論
2 神話という思考以前の存在
  ―反省の限界についてのシェリングの考察
3 必然性の偶然性

第二章 二つの自由をめぐる規律訓練——ドイツ観念論における狂気と習慣  スラヴォイ・ジジェク
1 ヘーゲルの習慣
2 自己のオート―ポイエーシス〔自己―制作〕
3 何も指示しない表現
4 習慣、動物、人間

第三章 フィヒテの哄笑  スラヴォイ・ジジェク
1 フィヒテの自我からヘーゲルの主体へ
2 絶対者と現象
3 フィヒテ的な賭け
4 障害(Anstoß)と事―行(Tat-Handlung)
5 分割と限定
6 有限な絶対者
7 定立された前提

付録 「なぜ世界は存在しないのか」   マルクス・ガブリエル

訳者解説
あとがき
参考文献
索引

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    厚さ3cmまでの書籍、Blu-ray、DVD、雑貨が対象。同梱も可能です。

    全国一律 ¥ 250

※¥ 4,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • 暗い世界 ウェールズ短編集
    ¥ 1,980
  • 労働と思想
    ¥ 3,850
  • 私の労働研究
    ¥ 2,420

商品の評価