• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

nyx 第4号 開かれたスコラ哲学/分析系政治哲学とその対抗者たち

¥ 2,200

スコラ哲学の隠された知恵の復興が現代の知を照らし出す新たな光源となることを願って——。

第一特集「開かれたスコラ哲学」は古代ギリシア哲学、教父哲学、ルネサンス、近代フランス思想、ドイツ観念論、現代哲学といった諸時代の思潮とスコラ哲学の連関を各分野最前線の研究者が論じます。今回のようにルネサンス以降も含めた仕方でスコラ哲学を開かれた土俵で本格的に論じなおすのは我が国においてはほぼ初めての試みとなります。

大陸系政治哲学 対 分析系政治哲学 ?

「政治」を「哲学する」とはどういうことか? その学問的・社会的な存在意義をどこに見出せるだろうか? 第二特集では政治哲学を多様なアプローチを含むものと捉えたうえで、各アプローチの明確化と、相互連携(あるいは対立)の可能性を探る。
[編集部より]


主 幹|山本芳久/乙部延剛
出版社|堀之内出版
定 価|2,000円+税
判 型|A5判/並製
頁 数|280

ISBN|978-4-906708-71-0
初 版|2017年08月


Contents
[ 第一特集 開かれたスコラ哲学 ]
主幹 山本芳久

 ・稲垣良典・山本芳久対談「スコラ哲学からの挑戦」
 ・松村良祐「自己を越え出る愛のかたち――トマス・アクィナスと擬ディオニュシオスにおける「脱我」」
 ・土橋茂樹「自己投企と受容―東方教父起源の「神との合一」概念のトマス的再生」
 ・山本芳久「三大一神教と中世哲学――超越と理性」
 ・坂本邦暢「聖と俗のあいだのアリストテレス――スコラ学、文芸復興、宗教改革」
 ・松森奈津子「初期近代スペインとスコラ学―反マキァヴェリズムにみる「有用な統治」と「善き信仰」」
 
・飯田賢穂「法的拘束力の説明モデルとしての自然法論―─ルソーからスアレスへ」
 ・三重野清顕「トマスとヘーゲル――有限者と無限者の関係をめぐる試論」
 ・村井則夫「ハイデガーとスコラ学――超越範疇から超越論思考へ」
 ・山内志朗「フランス現代思想とスコラ哲学」
 ・山本芳久「マッキンタイアの「トマス的実在論」――哲学探求の基本構造」
 ・アラスデア・マッキンタイア、野邊晴陽(訳)「The Tasks of Philosophyより「第九章 自らの課題に呼び戻される哲学jQuery33109739161237200782_1602647639178『信仰と理性』のトマス的読解」」


[ 第二特集「分析系政治哲学とその対抗者たち」 ]
主幹=乙部延剛 

 ・乙部延剛「対抗する諸政治哲学――分析的政治哲学と大陸的政治哲学を中心に」
 ・松元雅和「分析系政治哲学における親科学的傾向?――反照的均衡とその行方」
 ・井上 彰「政治哲学における思考実験とその擁護」
 ・山岡龍一「政治的リアリズムの挑戦――寛容論をめぐって」
 ・山本 圭「嫉妬・正義・民主主義」
 ・森川輝一「引かれ者の小唄――「大陸系」政治哲学が語ろうとすること、「分析系」政治哲学が語らないこと」

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    厚さ3cmまでの書籍、Blu-ray、DVD、雑貨が対象。同梱も可能です。

    全国一律 ¥ 250

※¥ 4,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • nyx 第2号 ドイツ観念論と理性の復権/恋愛論
    ¥ 1,980
  • nyx 第3号 マルクス主義からマルクスへ/なぜベートーヴェンか
    ¥ 1,980
  • nyx 第5号 聖なるもの/革命
    ¥ 2,200

商品の評価