• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

nyx 第3号 マルクス主義からマルクスへ/なぜベートーヴェンか

¥ 1,980

主 幹|マルクス研究会/岡田安樹浩
出版社|堀之内出版
定 価|1,800円+税
判 型|A5判/並製
頁 数|284

ISBN|978-4-906708-70-3
初 版|2016年11月


Contents
[ 第一特集 マルクス主義からマルクスへ ]
主幹 マルクス研究会

・「マルクスとエンゲルスの労働組合論」
 木下武男 1944年生まれ。元昭和大学教授。
・「資本主義の「金融化」と『資本論』草稿研究」
 小西一雄 1948年生まれ。立教大学名誉教授。
・「マルクスのエコロジーノート」
 斎藤幸平 1987年生まれ。カリフォルニア大学サンタバーバラ校客員研究員。
・「「マルクス主義」を超えるマルクス:マルクス研究の新段階としてのMEGA研究」
 佐々木隆治 1974年生まれ。立教大学経済学部准教授。
・「マルクスの唯物論的国家論:「国家導出論争」再考」
 隅田聡一郎 1986年生まれ。一橋大学大学院社会学研究科博士課程。

・「『ライン新聞』時代のマルクスの政治哲学」
 平子友長 1951年生まれ。一橋大学大学院社会学研究科名誉教授。
・「地代論再読の可能性」
 羽島有紀 1983年生まれ。一橋大学大学院経済学研究科博士課程。
・「マルクスのセー法則批判」
 宮田惟史 1983年生まれ。駒澤大学経済学部准教授。
・「マルクスにおけるネイション、エスニシティおよび非西洋社会について」
 ケヴィン・B・アンダーソン 1948年生まれ。カリフォルニア大学教授。
 翻訳 隅田聡一郎
・「マルクスとエンゲルスの自然科学研究におけるダーウィン」
 アネリーゼ・グリーゼ 1935-2014年。元フンボルト大学教授。MEGA編集者。
 翻訳 明石英人 1970年生まれ。駒澤大学経済学部准教授。
・「マルクスのジェンダーと家族論」
 ヘザー・ブラウン ウェストフィールド州立大学助教授。
 翻訳 西亮太 1980年生まれ。中央大学法学部助教。


[ 第二特集 なぜベートーヴェンか――音と思想が交叉する音楽家 ]
主幹 岡田安樹浩

・特別企画・野平一郎インタビュー「ベートーヴェンと私」
 野平一郎 1953年生まれ。作曲家、ピアニスト。東京芸術大学音楽学部教授。

・「思索する音楽――ベートーヴェンとドイツ思想」
 池上純一 1950年生まれ。埼玉大学名誉教授。
・「逡巡するベートーヴェン――第五交響曲の創作過程における楽章間接続の試み」
 岡田安樹浩 1985年生まれ。国立音楽大学非常勤講師。
・「ベートーヴェンのピアノ協奏曲再考――19世紀の出版譜からみる当時の響き」
 越懸澤麻衣 1985年生まれ。昭和音楽大学非常勤講師。
・「ベートーヴェン研究の現状――ふたつの視座から」
 沼口 隆 1971年生まれ。国立音楽大学准教授。
・「アルノルト・シェーリングのベートーヴェン解釈――「古楽」運動の一源泉をめぐる考察」
 三重野清顕 1977年生まれ。お茶の水女子大学非常勤講師。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    厚さ3cmまでの書籍、Blu-ray、DVD、雑貨が対象。同梱も可能です。

    全国一律 ¥ 250

※¥ 4,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • nyx 第2号 ドイツ観念論と理性の復権/恋愛論
    ¥ 1,980
  • nyx 第4号 開かれたスコラ哲学/分析系政治哲学とその対抗者たち
    ¥ 2,200
  • nyx 第5号 聖なるもの/革命
    ¥ 2,200

商品の評価