• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

活動写真弁史 映画に魂を吹き込む人びと

¥ 7,260

映画史・大衆芸能史の空白を埋める決定的な1冊。

江戸時代の「絵解き」、映画の発明、当時の首相を超えるギャラ、関東大震災、女性弁士、トーキーの登場、未曾有のストライキ……。

映画『カツベン!』でも話題になった、初期の日本映画に欠かせない存在、「活動写真弁士」。本書は、国際的に活躍する現役の活動弁士が執筆した初の通史。新発見の事実や資料を駆使して従来の映画史の空白を埋め、時代に翻弄される群像を描く、天下無双の書。

◎類書にない詳細な弁士名鑑、人名索引を収録。貴重図版約200点。
◎総天然色折込附録つき。
◎巻末解説=周防正行(映画『カツベン!』監督)
[出版社より]


著 者|片岡一郎
出版社|共和国
定 価|6,600円+税
判 型|菊変型判/上製
頁 数|576

ISBN|978-4-907986-64-3
初 版|2020年10月


Contents
はじめに

第一章 活動写真弁士以前
  一、絵解き
  二、のぞきからくり
  三、写し絵/錦影絵
  四、紙芝居
  五、幻燈
      
第二章 映画の輸入と弁士の誕生──口上の時代
  一、キネトスコープ
  二、シネマトグラフ日本初公開
  三、ヴァイタスコープ日本初公開
  四、ヴァイタスコープ関東初公開
  五、シネマトグラフ関東初公開
  六、片岡才槌(高橋仙吉)と坂田千曲
  七、なぜ布袋軒はシネマトグラフの説明をしなかったか?
  八、初期の活動写真弁士の語り

  弁士余話1 弁士を知る本
  
第三章 活動写真巡業隊──広がってゆく映画と弁士
  一、活動写真都市・東京
  二、 中川巡業隊
  三、 駒田巡業隊
  四、 横田巡業隊
  五、 その他の巡業隊

  弁士余話2 弁士の変った芸名、綽名
  弁士余話3 カツベンゴシップ集
  
第四章 常設館の登場──花開く弁士文化
  一、電気館と日露戦争
  二、梅屋庄吉の登場と弁士養成所の設立
  三、中説の定着と声色説明

  弁士余話4 活弁がお嫌い?
   
第五章 『ジゴマ』ブームと声色弁士
  一、声色弁士の巨星・土屋松濤の登場
  二、その他の声色弁士たち
  三、『ジゴマ』、日本を震撼させる
  四、日活の誕生
  五、弁士による最初のストライキ
  六、弁士芸を確立した名人たち

  弁士余話5 弁士の書いた本 歴史篇

第六章 アメリカ映画の台頭と純映画劇運動──活動写真弁士の黄金期
  一、アメリカ文化と連続活劇の登場
  二、徳川夢声の登場
  三、ブルーバード映画と活動弁士の第三世代
  四、連鎖劇の流行
  五、せめぎあう規則と興行
  六、純映画劇運動の提唱
  七、獅子吼大会と弁士番付
  八、前説の名文句とその廃止
  九、ニコニコ大会
  一〇、プログラムの誕生

  弁士余話6 弁士が生んだ言葉たち
 
第七章 活動弁士から映画説明者へ──説明芸術の誕生
  一、制度化される活動弁士
  二、漫談の萌芽、そして『路上の霊魂』
  三、経営に参画する弁士たち
  四、女優と美文調説明
  五、「時代劇」の誕生と関東大震災
  六、革新の先にある新時代

  弁士余話7 弁士試験 珍回答集
  弁士余話8 セーフティネットとしての弁士

第八章 〈外〉へ向かう活動写真弁士たち
  一、教育映画運動における活動写真弁士
  二、弁士たちの舞台、ラジオ出演
  三、海の向こうの弁士たち――韓国、台湾、北米、南米、タイ、欧州
  四、女性弁士たちの歴史

  弁士余話9 弁士の残したフィルムたち

第九章 活動写真弁士時代の絶頂と終焉
  一、華やかな無声映画晩期とトーキーの到来
  二、トーキー反対ストライキの勃発

  弁士余話10 弁士の書いた本 現代篇

第一〇章 トーキー時代とその後の弁士たち
  一、無声映画からトーキーへ
  二、須田貞明の死
  三、弁士とトーキー
  四、戦後の弁士たち

  弁士余話11 その後の弁士たち

[ 活動写真弁士小伝 ]
生駒雷遊/石井春波/泉詩郎/岩藤思雪/上田布袋軒/江田不識/大蔵貢/大辻司郎/小川洛陽/川路健/国井紫香/熊岡天堂/黒沢松声/小島昌一郎/伍東宏郎/坂田千曲/里見義郎/静田錦波/清水霊山/十文字大元/須田貞明/染井三郎/竹本嘯虎/谷天郎/津田秀水/土屋松濤/鶴野曙風/徳川夢声/内藤紫漣/中川慶二/西村楽天/花井秀雄/浜星波/細川天流/牧野周一/松木狂郎/山田無声/山野一郎

参考文献
あとがき

解説 活動写真弁士という存在(周防正行)

人名索引


Author
片岡 一郎 Ichiro Kataoka
1977年、東京都に生まれる。日本大学芸術学部演劇学科卒業。活動写真弁士、声優。2002年、活動写真弁士の澤登翠に入門、同年2月にデビュー。2020年現在、説明した無声映画作品は300作を数える。日本を代表する活動写真弁士として国際的にも活躍しており、クロアチア、ドイツ、アメリカ合衆国、オーストラリア、ロシア、オランダ、デンマーク、中国など十数カ国に及ぶ。また、映画やゲームのナレーション、ボン大学日本語クラス特別講師(2014年)など、その活動は多岐にわたる。
これまで失われたとされてきた『OUR PET』(米国、1924年)、髙峰秀子主演『私のパパさんママが好き』(1931年)、『忠臣蔵』(1910年)などフィルムを発掘、研究者、コレクターとしても知られている。2019年、NHK大河ドラマ『いだてん』に弁士役で出演。同年、実演指導・時代考証・出演で協力した映画『カツベン!』(周防正行監督)が公開される。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    厚さ3cmまでの書籍、Blu-ray、DVD、雑貨が対象。同梱も可能です。

    全国一律 ¥ 250

※¥ 4,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • 沈没家族――子育て、無限大。
    ¥ 1,760
  • 屋上で会いましょう
    ¥ 1,760
  • 権力と音楽――アメリカ占領軍政府とドイツ音楽の「復興」
    ¥ 3,080

商品の評価