• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

ダダ・カンスケという詩人がいた 評伝陀田勘助

¥4,070

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

「ダダ」を自分の名とした唯一のアナーキスト詩人、陀田勘助(1902-1931)。アヴァンギャルドの担い手として鮮烈にデビューしながら、やがてその筆名と詩を捨てて、本名の山本忠平として共産主義者に転向。非合法共産党の中央委員候補として検挙されると、謎の獄死を遂げる。享年29。

細井和喜蔵、岡本潤、萩原恭次郎らとの交流から、当局による自殺との発表に対して、いまなお小林多喜二に先立つ虐殺説が根強いその死にいたるまで、謎に包まれた詩人の影を追いかけた初の伝記。定価3700円+悪税。
[出版社より]


著 者|吉田美和子
出版社|共和国
定 価|3,700円+税
判 型|四六変型判/並製
頁 数|378

ISBN|978-4-907986-59-9
発 行|2022年06月


Contents
島に居る岡本潤と俺の肖像
--
第1章 「同志山忠」とは誰か
--
発端―1枚の絵   
「モダン東京―一九三〇年代の夢」
栃木―蔵の町の少年 
本所―忠平は隅田川を渡る
荒井町の洋服屋 
大手町―内務省の給仕

--
第2章  陀田勘助の出発と雑誌『種蒔く人』
--
開成中学自主退学事件  
「啄木会」―渋民歌碑建立募金文芸講演会
1921年第2回メーデー  
忠平、村松正俊と出会う
『種蒔く人』創刊  
幻の二人詩誌『ELEUTHERIA』とペンネーム・ダダのこと

--
第3章 詩誌『鎖』創刊
--
『鎖』をめぐるさまざま  
『鎖』創刊号―1923年6月
『鎖』第2号へ―1923年7月  
『女工哀史』細井和喜蔵の登場

--
第4章 関東大震災──亀戸事件と陀田勘助
--
印半纏で走るカンスケ  
亀戸事件とは何か
南葛労働協会には「支部」もあった―佐藤欣治のこと  
亀戸警察署長、戒厳司令官はこう語った

--
第5章 震災後を生きる
--
『鎖』第3号からの再出発  
「日本無産派詩人連盟展」と詩誌『無産詩人』
松本淳三の詩誌『詩を生む人』への寄稿

--
第6章 岡本潤と陀田勘助──『マヴォ』における呼応
--
『赤と黒』と『鎖』  
小野十三郎の勘助評
『マヴォ』に呼応する岡本潤と陀田勘助  
細井和喜蔵の死、渋谷定輔のこと

--
第7章  ギロチン社事件と『黒旗』──アナキスト山本勘助の模索
--
江東に自由労働者の組合を  
労働運動社、大杉栄、岩佐作太郎
ギロチン社のテロリストたち  
黒旗社結成と『黒旗』創刊―1925年11月
黒旗社パンフレット  
ギロチン社事件の余波―『文芸戦線』再見

--
第8章 復興局の土木人夫──『反政党運動』時代
--
「黒色青年連盟」結成と銀座デモ  
黒旗社時代を回想する―松田解子、菊岡久利
復興局の土木人夫  
「反政党運動」―純正アナキズムとアナルコ・サンジカリズム
汎太平洋労働組合会議問題と全国自連の分裂  自協派・江西一三の回想

--
第9章 アナ・ボルのわかれ──詩人たちの訣別
--
『文芸戦線』の分裂  
『文芸解放』創刊―文芸講演会に勘助飛び入る
隅田川のわかれ  
暴力のわかれ―壺井繁治の場合

--
第10章 プロレタリア美術展覧会と《同志山忠の思い出》
--
東京合同労組へ、入党へ  
トーマは帰れ―東京駅の騒擾
望月晴朗画《同志山忠の思い出》が描いたもの  
ビラは天に向かって撒く―武田麟太郎のこと
望月晴朗という画家  
プロレタリア美術とは何だったか

--
第11章 検挙のあとさき
--
組織者忠平の「作風」  
忠平検挙へ―田中清玄「再建ビューロー」を巡って
松永伍一の「陰謀説」  
なお残る不明点―南喜一と「解党派」問題
忠平以後―武装メーデーと「全協刷新同盟」

--
第12章 獄窓の春、その死
--
獄中詩編  
死の周辺
田中清玄の証言  
予審という闇
『戦旗』の在監者名簿―忠平の不在  
戦後―「山本勘助追悼とぶらつく詩の会」 

--
参考文献

--
あとがき

別丁カラー図版:《同志山忠の思い出》(望月晴朗・画)


Author
吉田 美和子 Miwako Yoshida
1945年、岩手県生まれ。東北大学文学部国文科卒業。著書に、『単独者のあくび―尾形亀之助』(木犀社、2010)、『うらやまし猫の恋―越人と芭蕉』(木犀社、2008)、『吉田一穂の世界』(小沢書店、1998)、『宮沢賢治―天上のジョバンニ・地上のゴーシュ』 (小沢書店、1997、第十三回岩手日報文学賞賢治賞受賞)『一茶無頼』(信濃毎日新聞社、1996)など。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト/レターパックプラス

    全国一律 ¥250

※¥5,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • 高架線
    ¥715
  • 現代思想 2022年07月号 「加害者」を考える
    ¥1,650
  • 人=人生=建築 ユイイツムニの家
    ¥2,640

商品の評価

Mail Magazine

新商品やキャンペーンなどの最新情報をお届けいたします。