• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

新プロパガンダ論

¥ 1,980

政治の戦場はいまや嘘と宣伝のなかにある。

SNSの政治化、令和への改元、そしてコロナ禍──激動の時代を通して、日本の政治とメディアの関係はどう塗り替えられたのか。戦前から安倍政権まで、情報戦略の歴史を貫き、2020年代の日本社会を展望する。気鋭の近現代史家と社会学者がおくる、イメージが政治を支配する時代へのワクチン。
[出版社より]


著 者|辻田真佐憲+西田亮介
出版社|ゲンロン
定 価|1,800円+税
判 型|四六判・並製
頁 数|256

ISBN|978-4-907188-40-5
発 行|2021年01月


Contents
まえがき|辻田真佐憲

1|プロパガンダとはなにか 2018年4月11日
プロパガンダとはなにか/エノケンもゆずも便乗した/「安倍昭恵」というイレギュラー/忖度は戦前から/デジタル・ゲリマンダリングの時代/国民投票法の危険性/ワクチンとしての現代史

2|「#自民党2019」をめぐって 2019年7月3日
『ViVi』コラボはなぜ炎上したか/広報とプロパガンダの差異/進化する自民党の情報戦略/公職選挙法は改正すべき?/野党はどうすれば勝てるのか

3|情報戦略、メディア、天皇 2019年10月28日
ネットに強い共産党/NHKは「ぶっ壊す」べきか/あいちトリエンナーレを振り返る/ステマと保守論壇/じつは伝統的ではなかった即位礼/日本神話で町おこしする地方社会/天皇制にどう接するか

4|コロナ禍と市民社会 2020年4月27日
最初は対岸の火事だった/ダイヤモンド・プリンセスから「緊急事態宣言」へ/「私権の制限」論は的はずれ?/中小企業支援はじつは充実している/アベノマスクと自粛警察/存在感を増す知事たち/ロックダウンと憲法改正

5|安倍政権とはなんだったのか 2020年9月3日
突然の辞任劇/ネット重視で始まった「危機突破内閣」/人事権強化から「国難突破解散」へ/不祥事だらけの政権後期/コロナ禍に倒れた「選挙に強い」安倍政権/プロパガンダのさきへ

あとがき|西田亮介

付録 国威発揚年表 2018-2020


Author
辻田 真佐憲 Masanori Tsujita
1984年大阪生まれ。評論家、近現代史研究者。政治と文化芸術の関係を主なテーマに、著述、調査、インタビューなどを幅広く手がけている。著書に『日本の軍歌』(2014年)、『たのしいプロパガンダ』(2015年)、『空気の検閲』(2018年)、『古関裕而の昭和史』(2020年)、共著に『教養としての歴史問題』(2020年)など。

西田 亮介 Ryosuke Nishida
1983年京都生まれ。東京工業大学リベラルアーツ研究教育院准教授。博士(政策・メディア)。専門は公共政策の社会学。著書に『ネット選挙――解禁がもたらす日本社会の変容』(2013年)、『メディアと自民党』(2015年)、『情報武装する政治』(2018年)、『コロナ危機の社会学』(2020年)など。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    厚さ3cmまでの書籍、Blu-ray、DVD、雑貨が対象。同梱も可能です。

    全国一律 ¥ 250

※¥ 4,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • 哲学の誤配
    ¥ 1,980
  • 新対話篇
    ¥ 2,640
  • ゲンロン 11
    ¥ 2,750

商品の評価