• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

しゃにむに写真家

¥ 1,760

「今の仕事をこのまま続けるつもりなの?」——妻の一言が僕の人生を変えた。

バングラデシュのレンガ工場や皮なめし工場の労働者、ふたり暮らしの老女と青年——〈働く人〉や〈生と死〉をテーマに撮影し、国内外で注目されている吉田亮人。しかし、もともと写真家を志していたわけではない。

妻の一言から教員という仕事を捨て、無謀にもこの道を選んだ。専門的に学んだことのない男が、右も左もわかないまま踏み出し、挫折し、傷つき、そして国際的に評価を受けるようになるまでの10年を振り返る。「働くとは何か」「生きるとは何か」について考えた渾身の一冊。
[出版社より]


「ろうそくの灯を手のひらに包むような読書。ことばにも、写真と同じように、吉田さんのなかの「人間の光」が、さやかに溢れだしている」
——いしいしんじ


著 者|吉田亮人
出版社|亜紀書房
定 価|1,600円+税
判 型|四六判・並製
頁 数|304+写真16

ISBN|978-4-7505-1686-8
初 版|2021年02月


Contents
プロローグ

1.写真家になる
始まり
選択
願い
約束
別れ
船出
振り出し
インド行き
更紗
情けない人
銭がなけりゃ
鳥葬
厳しい人
持ち込み
初個展

働くとは何か
レンガ工場
はじめての賞
何も知らない
修業
再び

2.大切な出会い
ただならぬ出会い——矢萩多聞さんのこと
Brick Yard
パリフォト
皮なめし工場
Tannery
行商人
退蔵院方丈襖絵プロジェクト——村林由貴さんのこと
まだ見ぬ世界を求めて——近藤雄生さんのこと
シプさんの言葉
代を継ぐ仕事——松林豊斎さんのこと
続けていく覚悟——堀部篤史さんのこと
写真を現場に返す

3.写真をおくる
老女と青年
悲しみ
向き合う

京都グラフィー
葬送
誕生
写真家になる

エピローグ
あとがき


Author
吉田 亮人 Akihito Yoshida
1980年宮崎県生まれ。京都市在住。滋賀大学教育学部障害児学科卒業後、タイで日本語教師として1年間勤務。帰国後小学校教員として6年間勤務。2010年より写真家として活動開始。広告や雑誌を中心に活動しながら、作品制作を行い国内外で高く評価される。
写真集に『Brick Yard』『Tannery』(以上、私家版)、『The Absence of Two』(青幻舎、Editions Xavier Barral)などがある。日経ナショナルジオグラフィック写真賞2015・ピープル部門最優秀賞など受賞多数。
AKIHITO YOSHIDA

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥ 250が掛かります。

Related Items

  • 〈アメリカ映画史〉再構築——社会派ドキュメンタリーからブロックバスターまで
    ¥ 6,930
  • 27クラブ
    ¥ 3,960
  • サハマンション
    ¥ 1,650

商品の評価