• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

のこった

¥ 1,760

かつて「貴乃花の引退とともに相撲ファンを引退した」作家・星野智幸が再び国技館を訪ねると、そこには「モンゴルへ帰れ」といったヘイト野次が公然と飛び交っていたーー。

大相撲を取り巻く社会と未来を「文芸界のファンタジスタ」が綴った相撲エッセイ集。
「スー女のみかた」などの著作がある和田靜香さんとの対談、90年代に著者が新人賞に応募した相撲小説(未公表)などを収録し、相撲に人生を託したことがあるファンには必読の書。
[出版社より]


著者|星野智幸
出版社|ころから
定価|1,600円+税
判型|四六判
ページ数|216

ISBN|978-4-907239-27-5
初版|2017年11月


Author
星野 智幸 Tomoyuki Hoshino
1965年、米国ロサンゼルス生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。新聞社勤務後、メキシコに留学。1997年「最後の吐息」で文藝賞を受賞しデビュー。2000年『目覚めよと人魚は歌う』(新潮文庫)で三島由紀夫賞、03年『ファンタジスタ』(集英社文庫)で野間文芸新人賞、11年『俺俺』(新潮社)で大江健三郎賞、15年『夜は終わらない』(講談社)で読売文学賞を受賞。16年に人文書院より『星野智幸コレクション』全4巻が刊行された。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥ 250が掛かります。

Related Items

  • むずかしい天皇制
    ¥ 1,980
  • 27クラブ
    ¥ 3,960
  • 偶像の黄昏
    ¥ 880

商品の評価