• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

日本の目覚め

¥ 785

1904年11月、日露戦争の国際世論をめぐる攻防に、天心が投じた英文著作。日本文明の源泉をたどり、明治維新の大要を解き、「黄禍」の妄説を覆す。2年後の名著『茶の本』に通ずる詩趣をたたえた本書は、時のルーズヴェルト大統領が手にとり、英米有力紙誌が取り上げ、全米年間4位の書店売上を記録した。
[出版社より]

「げに荘厳なるは変化である。げに麗しきは生死という大推移である。日本人が日本人みずからの感情の松明をもって東洋の闇を明るくした著作の尤なるものは、実に天心の英文著書であろう」
––村岡博[訳者]

「単に印刷物資料や世間の伝聞に基いたものではなくて、維新の際に活躍した人々の残存者との特別の知遇によって得たる知識に基いている」
––センチュリー社[米国版元]

著者|岡倉天心
訳者|村岡博
出版社|土曜社
定価|714円+税
判型|文庫判
ページ数|128
ISBN|978-4-907511-47-0
初版|2017年6月

Contents
第一章 アジアの夜
第二章 蛹時代
第三章 仏教と儒教
第四章 内部からの声
第五章 白禍
第六章 御用部屋と大奥
第七章 過渡期
大八章 王政復古と明治維新
第九章 再生期
第十章 日本と平和

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    厚さ3cmまでの書籍、Blu-ray、DVD、雑貨が対象。同梱も可能です。

    全国一律 250円

※6,000円以上のご注文で送料が無料になります。

Related Items

  • どこにでもあるどこかになる前に。〜富山見聞逡巡記〜
    ¥ 2,090
  • ブルースと話し込む
    ¥ 2,035
  • 日本脱出記
    ¥ 1,047

商品の評価