• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

本屋がアジアをつなぐ 自由を支える者たち

¥ 1,870

自著『「本屋」は死なない』が東アジア各国で翻訳刊行されている出版ジャーナリストの石橋毅史が、国境をひとつ超えて出会った「本屋」たちの物語。東京新聞の連載コラムに、香港・銅鑼湾書店の元店長独占インタビューなどの書き下ろしを追加して単行本化。
[出版社より]


著者|石橋毅史
出版社|ころから
定価|1,700円+税
判型|A5変型判
ページ数|160

ISBN|978-4-907239-41-1
初版|2019年8月


Author
石橋毅史 Takefumi Ishibashi
1970年東京都生まれ。日本大学芸術学部卒。出版社勤務を経て、出版業界専門紙「新文化」の記者、編集長を務める。2010年フリーランスとなる。著書に『「本屋」は死なない』(新潮社)、『口笛を吹きながら本を売る』(晶文社)、『まっ直ぐに本を売る』(苦楽堂)、『本屋な日々 青春篇』(トランスビュー)など。『「本屋」は死なない』が台湾で閲読職人大賞(2013年)を受賞している。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥ 250が掛かります。

Related Items

  • フーコー〈性の歴史〉入門講義
    ¥ 2,200
  • フーコーの風向き 近代国家の系譜学
    ¥ 3,520
  • 存在と時間 全4冊セット
    ¥ 5,610

商品の評価