• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

これはダンスか? 大野一雄は終わらない

¥ 1,980

世界を驚かせた伝説的舞踏家・大野一雄の“素顔”。

若山美術館 (東京・銀座)にて開催された、生活者としての大野一雄に焦点をあてた展覧会「大野一雄展 日常の糧」(2018年 9月 28日~12月 8日)の図録。大野一雄は、何より日常を大事にした。精力的に踊りを探求する中にあって、体育教師として長く勤め、定年退職後は同じ学校の営繕職としてボイラーや庭の手入れをし、サンタクロースとして近所の幼稚園を訪れ、熱心に教会に通っていた。

その生き様を、未公開のスナップ写真を含めた200点のカラーとモノクロの写真、4通の私信、6人の近しい人々の証言で辿る。ヘミングウェイに宛てた手紙、ボブ藤崎氏が撮影したボイラー室で踊る大野一雄の連続写真など、未出版の貴重な資料も掲載。「大野一雄」の空気を伝える、パーソナルなアルバムを見ているような一冊。
[出版社より]


編 集|NPO法人ダンスアーカイヴ構想
出版社|かんた
定 価|1,800円+税
判 型|A5判
頁 数|160

ISBN|978 4 902 098 105
初 版|2019年10月


Contents
幼稚園
稽古場
老人と海
イエスの招き
100歳
衣装
アントニア・メルセ
ボイラー室
聖劇
ラ・アルヘンチーナ頌
体育教員
モダンダンス
戦争体験
死海
家族
花、草、動物

大野一雄を語る
・三戸部恵美子・岩村加恵子(上星川幼稚園)
・天野功(元捜真バプテスト教会牧師)
・中島昭子(捜真学院学院長)
・大野美加子(大野慶人長女)
・大野悦子(大野慶人夫人)
・ヨネヤマママコ(マイムアーティスト)

大野一雄からの手紙
・ヘミングウェイへ
・ナンシーから
・弟子・山口直永へ
・戦線より

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    厚さ3cmまでの書籍、Blu-ray、DVD、雑貨が対象。同梱も可能です。

    全国一律 250円

※3,600円以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • 僕は庭師になった
    ¥ 1,528
  • F/T 11 ドキュメント 私たちは何を語ることができるのか?
    ¥ 1,572
  • 武器としての「資本論」
    ¥ 1,760

商品の評価