• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

あのころ、天皇は神だった

¥ 2,530

第二次世界大戦中のアメリカで、強制退去によって追われた日系人の一家。
彼らはユタ州の砂漠にある収容所に送られる。家族それぞれの視点から語られる、有刺鉄線の内側で過ごす日々……。
オオツカの長編デビュー作、待望の新訳。
[出版社より]


「かつて、「日本人」であるというだけで、囚われたひとたちがいる。かれらの普通の日々を狂わせたのは、「神」だった」
――温又柔[小説家]

「歴史のけたたましい音の下でひっそりと息を殺していた、名もなき声の数々が、物語のなかでこだまする。不穏で、残酷で、そして美しい言葉が」
――藤井光[アメリカ文学研究者]


著 者|ジュリー・オオツカ
訳 者|小竹由美子
出版社|フィルムアート社
定 価|2,300円+税
判 型|四六判
頁 数|192

ISBN|978-4-8459-1706-8
初版|2018年9月


Contents
強制退去命令十九号
列車
あのころ、天皇は神だった
よその家の裏庭で
告白

訳者あとがき


Author
ジュリー・オオツカ Julie Otsuka
1962年、カリフォルニア州パロアルトに生まれる。父は戦後渡米した一世で母は二世。イェール大学で絵画を学び、コロンビア大学大学院で美術学修士号取得。二人の弟は弁護士と政治哲学及び倫理学講師。2002年、大学院在学中に書き始めた本書でデビュー、注目を浴び、アレックス賞、アジア系アメリカ人文学賞を受賞。2004年、グッゲンハイム奨学金を受ける。2011年、二作目の『屋根裏の仏さま』を刊行、PEN/フォークナー賞、フランスのフェミナ賞外国小説賞、ドイツのアルバトロス文学賞ほかを受賞、全米図書賞最終候補となった。

Translator
小竹由美子 Yumiko Kotake
1954年、東京生まれ。早稲田大学法学部卒業。訳書にアリス・マンロー『イラクサ』『ディア・ライフ』『ジュリエット』、ジョン・アーヴィング『神秘大通り』『ひとりの体で』、ジュリー・オオツカ『屋根裏の仏さま』(共訳)、ネイサン・イングランダー『アンネ・フランクについて語るときに僕たちの語ること』、ジム・シェパード『わかっていただけますかねえ』など。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    厚さ3cmまでの書籍、Blu-ray、DVD、雑貨が対象。同梱も可能です。

    全国一律 250円

※3,600円以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • となりのヘルベチカ マンガでわかる欧文フォントの世界
    ¥ 1,760
  • ザ・マンガホニャララ 21世紀の漫画論
    ¥ 1,650
  • アニメ制作者たちの方法 21世紀のアニメ表現論入門
    ¥ 1,980

商品の評価