• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

13坪の本屋の奇跡 「闘い、そしてつながる」隆祥館書店の70年

¥ 1,870

SOLD OUT

いま「町の本屋」が消えていっている。
本が売れないから、というのは理由のひとつでしかない。そこには、「売りたい本が来ないから」という理由がある。「いらない本が送りつけられるから」という理由もある。
どういうことだろうかーー。
創業70周年を迎えた大阪・谷六のわずか13坪の本屋「隆祥館書店」からいまの出版業界はどう見えるのか?
ジャーナリスト木村元彦が、町の本屋の「闘い」を丹念に描きだす。



大阪・谷町六丁目(通称「谷六」)の面積わずら13坪の本屋から見える出版業界をジャーナリストの木村元彦さんが描く。
店主の二村知子は2019年から雑誌やネット媒体で「なぜ書店にヘイト本があふれるのか」といった視点から理不尽な出版流通に声をあげている。同時に、地域の人たちと本の著者をつなぐ集いを200回以上続けている。闘いとつながりは、”リアル”書店の両輪。「町から本屋が消えていく」と嘆くのではない実践と理念をこの本で伝えたいと思い刊行します。
[出版社より]


著 者|木村元彦
出版社|ころから
定 価|1,700円+税
判 型|A5変型判
頁 数|200

ISBN|978-4-907239-43-5
初 版|2019年11月


Author
木村 元彦 Yukihiko Kimura
1962年愛知県生まれ。中央大学卒。ノンフィクションライター。東欧やアジアの民族問題を中心に取材、執筆活動を続ける。おもな著書に『オシムの言葉』(集英社文庫)、『蹴る群れ』(集英社文庫)、『無冠、されど至強 東京朝鮮高校サッカー部と金明植の時代』(ころから)、共著に『さらば、ヘイト本!』(ころから)など。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥ 250が掛かります。

Related Items

  • NOVA+ バベル[バーゲンブック]
    ¥ 460
  • NOVA+ 屍者たちの帝国[バーゲンブック]
    ¥ 380
  • 有無を言わせぬ春の訪れ
    ¥ 1,760

商品の評価