• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

サカナとヤクザ 暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う

¥ 1,760

築地市場から密漁団まで、決死の潜入ルポ!

アワビもウナギもカニも、日本人の口にしている大多数が実は密漁品であり、その密漁ビジネスは、暴力団の巨大な資金源となっている。その実態を突き止めるため、築地市場への潜入労働をはじめ、北海道から九州、台湾、香港まで、著者は突撃取材を敢行する。豊洲市場がスタートするいま、日本の食品業界最大のタブーに迫る衝撃のルポである。

「密漁を求めて全国を、時に海外を回り、結果、2013年から丸5年取材することになってしまった。公然の秘密とされながら、これまでその詳細が報道されたことはほとんどなく、取材はまるでアドベンチャー・ツアーだった。
ライター仕事の醍醐味は人外魔境に突っ込み、目の前に広がる光景を切り取ってくることにある。そんな場所が生活のごく身近に、ほぼ手つかずの状態で残っていたのだ。加えて我々は毎日、そこから送られてくる海の幸を食べて暮らしている。暴力団はマスコミがいうほど闇ではないが、暴力団と我々の懸隔を架橋するものが海産物だとは思わなかった。
ようこそ、21世紀の日本に残る最後の秘境へ――」(「はじめに」)
[出版社より]


著 者|鈴木智彦
出版社|小学館
定 価|1,600円+税
判 型|四六判/並製
頁 数|322

ISBN|9784093801041
初 版|2018年10月


Contents
第1章 岩手・宮城 三陸アワビ密漁団VS海保の頂上作戦
第2章 東京 築地市場の潜入労働4ヶ月
第3章 北海道 “黒いダイヤ”ナマコ密漁バブル
第4章 千葉 暴力の港銚子の支配者、高寅
第5章 再び北海道 東西冷戦に翻弄されたカニの戦後史
第6章 九州・台湾・香港 追跡!ウナギ国際密輸シンジケート


Author
鈴木 智彦 Tomohiko Suzuki
1966年、北海道生まれ。日本大学芸術学部写真学科除籍。雑誌・広告カメラマンを経て、ヤクザ専門誌『実話時代』編集部に入社。『実話時代BULL』編集長を務めたのち、フリーに。現在は週刊誌や実話誌を中心に暴力団関連記事を寄稿する。
趣味は料理と自転車(愛車はランドナー)。2018年10月、未経験でピアノを習いはじめる。2019年12月、ピアノ教室主催の発表会に出演し、ABBA『ダンシングクイーン』を演奏する。
著書に『サカナとヤクザ 暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う』(小学館)、『潜入ルポ ヤクザの修羅場』(文春新書)、『ヤクザと原発 福島第一潜入記』(文春文庫)など多数。溝口敦氏との共著に『教養としてのヤクザ』(小学館新書)がある。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    厚さ3cmまでの書籍、Blu-ray、DVD、雑貨が対象。同梱も可能です。

    全国一律 ¥ 250

※¥ 4,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • 近頃なぜか岡本喜八
    ¥ 2,750
  • 『こち亀』社会論 超一級の文化史料を読み解く
    ¥ 1,870
  • めぐりあうものたちの群像
    ¥ 5,720

商品の評価