• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

映画とは何か〈下〉

¥990

再入荷のお知らせを希望する

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

映画批評で新時代を開いたアンドレ・バザン(1918-1958)。下巻には典型的なアメリカ映画である西部劇や映画とエロティシズムに関する考察、デ・シーカやロッセリーニらイタリアのネオレアリズモを擁護した論考を収録する。作品との緊張に満ちた対話を続けた本書は、今もなお映画と文化を論ずる際の源泉である。
[出版社より]


著 者|アンドレ・バザン
訳 者|野崎歓・大原宣久・谷本道昭
出版社|岩波書店[岩波文庫]
定 価|900円+税
判 型|文庫判
頁 数|370

ISBN|9784003357828
初 版|2015年3月


Contents
西部劇、あるいは典型的なアメリカ映画
西部劇の進化
模範的な西部劇、『七人の無頼漢』
『映画におけるエロティシズム』の余白に
映画におけるリアリズムと解放時のイタリア派
『揺れる大地』
『自転車泥棒』
監督としてのデ・シーカ
偉大な作品『ウンベルト・D』
『カビリアの夜』あいるはネオレアリズモの果てへの旅
ロッセリーニの擁護―「チネマ・ヌオーヴォ」誌編集長グイド・アリスタルコへの手紙
『ヨーロッパ一九五一年』


Author
アンドレ・バザン Andr'e Bazin
フランスの映画批評家。サイレントからトーキーへの移行に際し批評の分野で新時代を開き、自ら創刊した『カイエ・デュ・シネマ』で健筆を振るった。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥250が掛かります。

Related Items

  • パサージュ論[二]
    ¥1,320
  • 歴史が後ずさりするとき——熱い戦争とメディア
    ¥1,914
  • 世紀末ウィーン文化評論集
    ¥1,320

商品の評価