• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

啓蒙の弁証法 哲学的断想

¥1,452

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

フランクフルト学派の代表的名著。第2次大戦末期,亡命先のカリフォルニアで書かれた。西欧文明の根本的自己批判として名高い。〈啓蒙〉の光と闇を理論的軸に、オデュッセイア論、サド論で具体的に神話の寓意や道徳の根拠を検証。アメリカ大衆文化や反ユダヤ主義批判によって近代の傷口を暴き、現代の課題を示した。
[出版社より]


著 者| M.ホルクハイマー、T.W.アドルノ
訳 者|徳永恂
出版社|岩波書店[岩波文庫]
定 価|1,320円+税
判 型|文庫判
頁 数|550

ISBN|9784003369210
初 版|2007年01月


Contents
1 啓蒙の概念
2 オデュッセウスあるいは神話と啓蒙
3 ジュリエットあるいは啓蒙と道徳
4 文化産業―大衆欺瞞としての啓蒙
5 反ユダヤ主義の諸要素―啓蒙の限界
6 手記と草案

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥250が掛かります。

Related Items

  • パサージュ論[二]
    ¥1,320
  • 歴史が後ずさりするとき——熱い戦争とメディア
    ¥1,914
  • 世紀末ウィーン文化評論集
    ¥1,320

商品の評価