• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

ヒトラーの脱走兵 裏切りか抵抗か、ドイツ最後のタブー

¥ 968

ナチス・ドイツ国防軍の脱走兵は、捕らえられて死刑判決を受けた者だけでも3万人以上と、英米に比べて際だって多い。その多くは戦闘中の逃亡ではない。民族殲滅に加担したくないという、生命をかけた抵抗であった。戦後、生き延びた脱走兵たちは久しく卑怯者と罵られ、存在までも否定されつづけるが、ついに軍法会議の不当な実態を暴き、名誉回復をなし遂げる。最後の脱走兵の生涯を通じて、人間の勇気と尊厳を見つめる。
[出版社より]


著 者|對馬達雄
出版社|中央公論新社[中公新書]
定 価|880円+税
判 型|新書判
頁 数|296

ISBN|978-4-12-102610-1
初 版|2020年09月


Contents
1 軍法会議と庶民兵士の反逆
 ヒトラーの国防軍;苛酷な軍法
 生きのびた脱走兵ルートヴィヒ・バウマン

2 引き継がれるナチスの判決と罵倒される脱走兵
 アデナウアーの内政と居座るナチス軍司法官
 引き継がれるナチスの判決
 脱走兵ルートヴィヒ・バウマンの苦悩と絶望

3 「我々は裏切り者ではない」―歴史家たちの支援と世論の変化
 立ち直ったバウマンと脱走兵復権の動向
 脱走兵追悼の動き
 ナチス軍司法への批判——シュヴィンゲ対メッサーシュミット/ヴュルナー
 「ナチス軍法犠牲者全国協会」の設立
 司法の転換と世論の支持

4 復権する脱走兵
 政治課題となった脱走兵の復権
 院外活動と連邦議会の変化
 脱走兵の復権なる——「改正ナチス不当判決破棄法」
 バウマン最後の闘い——調査研究所『最後のタブー』


Author
對馬 達雄 Tatsuo Tsushima
1945年青森県生まれ。東北大学大学院教育学研究科博士課程中途退学。教育学博士(東北大学、1984年)。秋田大学教育文化学部長、副学長等を歴任。秋田大学名誉教授。専攻・ドイツ近現代教育史、ドイツ現代史。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥ 250が掛かります。

Related Items

  • リベラリズムとは何か
    ¥ 1,210
  • 女の子だから、男の子だからをなくす本
    ¥ 2,200
  • ルーム
    ¥ 1,980

商品の評価