• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

セーラームーン世代の社会論

¥ 1,540

『こち亀』は現代の「浮世絵」だ!

本書は、「セーラームーン世代」を分析する本です。『セーラームーン』に登場した敵の主張には、セーラームーンたちの「正義」が隠れており、さらにセーラーチームの日常は、現在のアラサー女子の仕事観や、女性観などに多大な影響を及ぼしています。また、月野うさぎを分析すれば、セーラームーン世代の恋愛観までもが浮き彫りに……。

「『セーラームーン』ってこんなに深かったの!?」と思わずにはいられない読み応えたっぷりの1冊!
[出版社より]


著 者|稲田豊史
出版社|すばる舎
定 価|1,400円+税
判 型|四六判/並製
頁 数|224

ISBN|9784799104385
初 版|2015年05月


Contents
第1章 「セーラームーン世代」とは何か
第2章 セーラームーン世代は何と戦っているのか
〈インターバル〉 セーラームーン世代のアンセムとしてのエンディング曲
第3章 セーラーチームの女性観とチーム力
第4章 〈月野うさぎ〉という1990年代女児のロールモデル
第5章 『セーラームーン』の時代
第6章 セーラームーン世代の恋とセックスとジェンダー


Author
稲田豊史 Toyoshi Inada
1974年、愛知県生まれ。編集者/ライター。キネマ旬報社でDVD業界誌編集長、書籍編集者を経て、2013年よりフリーに。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥ 250が掛かります。

Related Items

  • インドラネット
    ¥ 1,980
  • 東映動画史論 経営と創造の底流
    ¥ 3,520
  • 旅のコマんドー[アジア編]
    ¥ 1,540

商品の評価