• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

懐古する想像力 イングランドの批評と歴史

¥5,720

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

「文芸批評を他のあらゆる学問研究から切り離された分野として扱うことはできない。通史、哲学、神学、経済学、心理学に注意を払わなければならないのは、これらのすべてに文芸批評が融合しているからである」(T. S. E.)

「文学──もっと正確に言えば〈英文学〉の中核を形成すると従来から考えられてきた一連の作家たち──は長きにわたってイギリスにおける国民的な自己定義の中心でありつづけてきた。しかし、20世紀のはじめの数十年に、国民文学の名作の評価と、国の政治体制の特徴とその軌跡についての理解とのあいだの緊密な、妄信的とさえ言いうるような結びつきがさまざまな形で分断させられたのである。文芸批評という概念がいっそう強調されるようになっていった」(S. C.)

『聖なる森』から『長い革命』、T・S・エリオットからリーヴィス夫妻、ウィリアム・エンプソン、リチャード・ホガート、レイモンド・ウィリアムズまで。歴史学と文学のはざまで同時代社会を彩る歴史認識、自己了解への視座をもたらしてきた20世紀文芸批評の展開をたどる。2017年度オックスフォード大学フォード記念講演。
[出版社より]


原 書|THE NOSTALGIC IMAGINATION: History in English Criticism
著 者|ステファン・コリーニ
訳 者|近藤康裕
出版社|みすず書房
定 価|5,200円+税
判 型|四六判/上製
頁 数|400

ISBN|978-4-622-08942-1
初 版|2020年11月


Contents
まえがき

序論
第1章 ホイッグ史観とイングランドの精神
第2章 人類史における現在の相を精査する
第3章 「背景」としての科学と資本主義
第4章 合理主義、キリスト教、曖昧
第5章 「読者層」の歴史
第6章 長い産業革命
第7章 文化史としての文学史
後記

原注
訳者あとがき


Author
ステファン・コリーニ Stefan Collini
1947年生まれ。ケンブリッジ大学ジーザス・コレッジで博士号取得。1994-2015年、ケンブリッジ大学教授(インテレクチュアル・ヒストリーおよび英文学)。著書Liberalism and Sociology: L. T. Hobhouse and Political Argument in England 1880-1914, Cambridge University Press, 1979, Arnold, Oxford University Press, 1988, Public Moralists: Political Thought and Intellectual Life in Britain 1850-1930, Clarendon Press, 1991, English Pasts: Essays in History and Culture, Oxford University Press, 1999, Absent Minds: Intellectuals in Britain, Oxford University Press, 2006, Common Reading: Critics, Historians, Publics, Oxford University Press, 2008, What Are Universities For, Penguin, 2012, Common Writing: Essays on Literary Culture and Public Debate, Oxford University Press, 2016, Speaking of Universities, Verso, 2017ほか。編著多数。邦訳にD・ウィンチ、J・バロウとの共著『かの高貴なる政治の科学――19世紀知性史研究』(ミネルヴァ書房 2005)、C・P・スノー『二つの文化と科学革命』解説(みすず書房 2011)などがある。

Translator
近藤 康裕 Yasuhiro Kondo
1980年生まれ。一橋大学言語社会研究科博士後期課程修了。慶應義塾大学法学部准教授。イギリス文学・文化研究。著書『読むことの系譜学――ロレンス、ウィリアムズ、レッシング、ファウルズ』(港の人 2014)、共著『愛と戦いのイギリス文化史 1951-2010年』(慶應義塾大学出版会2011)『文化と社会を読む批評キーワード辞典』(研究社 2013)、訳書トッド『ザ・ピープル――イギリス労働者階級の盛衰』(みすず書房 2016)、共訳ジャット『失われた二〇世紀』(NTT出版 2011)ウィリアムズ『共通文化にむけて』(みすず書房 2013)ほか。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥250が掛かります。

Related Items

  • “ひとり出版社”という働きかた[増補改訂版]
    ¥2,002
  • 新聞記者、本屋になる
    ¥1,034
  • Bowie's Books デヴィッド・ボウイの人生を変えた100冊
    ¥2,420

商品の評価