• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

ランシエール 新〈音楽の哲学〉[新装復刊版]

¥3,520

再入荷のお知らせを希望する

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

美学と政治学を架橋させながら様々な事象を考察する哲学者の思想を〈音楽=言語~反・歴史、反・文化〉という切り口から語る論考。*書物復権=11出版社共同復刊の一冊。
[出版社より]


著 者|市田良彦
出版社|白水社
定 価|3,200円+税
判 型|四六判・上製
頁 数|269

ISBN|978-4560098479
初 版|2021年05月


Contents
第1章 哲学から音楽へ―ランシエールを駆け抜ける
 文化大革命の後、プロレタリアはもう眠らない 
 サバルタンは倫理と分子革命に反対して演技する ほか

第2章 ロックンロールの美学
 芸術の美学体制における音楽―諸君、音楽を文化から守るために「ロック」したまえ
 暴走するミメーシス―プラトン、ロックンロールを恐れる ほか

第3章 鳥たちのブルース
 音楽が歌である偶然と必然
 リフにはじまる ほか

第4章 平等の音楽
 音楽=言葉、再び——転倒から逆転へ
 知らないことを教える——「すべての人間は芸術家である」 ほか


Author
市田 良彦 Yoshihiko Ichida
1957年生まれ。京都大学大学院経済学研究科博士後期課程修了。神戸大学大学院国際文化学研究科教授。著書に「ルイ・アルチュセール」など。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥250が掛かります。

Related Items

  • 東映動画史論 経営と創造の底流
    ¥3,520
  • 働くことの人類学[活字版]仕事と自由をめぐる8つの対話
    ¥2,200
  • 無と意識の人類史
    ¥1,980

商品の評価