• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

「差別はいけない」とみんないうけれど。

¥2,420

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

多様性を求めるリベラリズム、同質性を志向するデモクラシー、このふたつが克服できない対立なら、私たちにできることはなんだろう。

セクハラや差別が跡を絶たないのは、「差別はいけない」と叫ぶだけでは、解決できない問題がその背景にあるからだろう。反発・反感を手がかりにして、差別が生じる政治的・経済的・社会的な背景に迫る。「週刊読書人」論壇時評で注目の、気鋭のデビュー作。
[出版社より]


著 者|綿野恵太
出版社|晶文社
定 価|2,200円+税
判 型|四六判/並製
頁 数|320

ISBN|9784582824896
初 版|2019年07月


Contents
まえがき みんなが差別を批判できる時代

第一章  ポリティカル・コレクトネスの由来
第二章  日本のポリコレ批判
第三章  ハラスメントの論理
第四章  道徳としての差別
第五章  合理的な差別と統治功利主義
第六章  差別は意図的なものか
第七章  天皇制の道徳について

あとがき ポリティカル・コレクトネスの汚名を肯定すること、ふたたび


Author
綿野 恵太 Keita Watano
1988年大阪府生まれ。出版社勤務を経て文筆業。詩と批評『子午線 原理・形態・批評』同人。著書に『「差別はいけない」とみんないうけれど。』(平凡社、2019年)、論考に「谷川雁の原子力」(『現代詩手帖』2014年8-10月)、「原子力の神──吉本隆明の宮沢賢治」(『メタポゾン』11)などがある。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥250が掛かります。

Related Items

  • 時給はいつも最低賃金、これって私のせいですか? 国会議員に聞いてみた。
    ¥1,870
  • ボードリヤールとモノへの情熱
    ¥2,860
  • ベンヤミン メディア・芸術論集
    ¥1,452

商品の評価