• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

ボードリヤールとモノへの情熱

¥2,860

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

モノが私たちのことを考えている——。 

哲学者×写真家 知られざるボードリヤール。
哲学と文化の高度に特異的で挑発的な分析を展開したユニークな思想家 ボードリヤールの新しい像。ボードリヤール撮影による写真8葉収録。訳者による詳細な解説を付す。

「日本でのボードリヤール受容は今なお「ポストモダンの思想家」のレベルにとどまっている感があるが、本書はそうした既視感を越えて「哲学者=写真家」としてのボードリヤールに接近するための最新の入門書だといってよいだろう」(訳者解説より)
[出版社より]


著 者|アンヌ・ソヴァージョ
写 真|ジャン・ボードリヤール
訳 者|塚原史
出版社|人文書院
定 価|2,600円+税
判 型|四六判/並製
頁 数|204

ISBN|9784409041161
初 版|2021年06月


Contents
口絵 ボードリヤール・アーカイヴ(Ⅰ~Ⅷ)

序章
Ⅰ ボードリヤールとモノへの情熱
 1 記号としてのモノ
 2 シミュラークルとしてのモノ
 3 犯罪の対象としてのモノ
 4 陰謀の対象としてのモノ
 5 情熱の対象としてのモノ

Ⅱ 現代思想の写真論(ボードリヤール講演録 1999年4月7日)
 1 ジャン・ボードリヤール講演「モノが私たちのことを考えている」
 2 ボードリヤールと聴衆との討論

終章 モノの運命

主要参考文献
解説--訳者後記にかえて 塚原史


Author
アンヌ・ソヴァージョ
トゥールーズ・ジャン・ジョレス大学名誉教授。社会学専攻。バーチャルリアリティでの社会的文化的インパクト、デジタルメディアでの社会的機能やその影響の研究などで著名。著書にL'epreuve des sens(PUF 2003)など多数。VR研究でフランス政府調査団に参加し来日(1998)。ボードリヤールと交流があり、現在もマリーヌ夫人と親しい。

Translator
塚原 史 Fumi Tsukahara
早稲田大学名誉教授。専攻はフランス現代思想、ダダ・シュルレアリスム研究。著著に『ダダイズム—世界をつなぐ芸術運動』 (岩波現代全書、2018)、『ボードリヤールという生き方』(NTT出版、2005)、『記号と反抗---20世紀文化論のために』(人文書院、1998)、訳書に、ヴュヤール『その日の予定』(岩波書店、2020)、エリボン『ランスへの帰郷』(みすず書房、2020)、ベンヤミン『パサージュ論』(岩波現代文庫、2020、共訳)、ボードリヤール『消費社会の神話と構造』(紀伊國屋書店、1979/2015、共訳)、ほか多数。来日講演などを通じてボードリヤールと長年の交流があった。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥250が掛かります。

Related Items

  • 増補 現代美術逸脱史 1945-1985
    ¥1,650
  • 風をこぐ To Row the Wind
    ¥3,300
  • ピーター・シスの闇と夢
    ¥2,750

商品の評価