• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

ショート・ショート・ヘアー

¥1,870

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

[ 新鋭短歌シリーズ ]
今、若い歌人たちは、どこにいるのだろう。どんな歌が詠まれているのだろう。今、実に多くの若者が現代短歌に集まっている。同人誌、学生短歌、さらにはTwitterまで短歌の場は、爆発的に広がっている。文学フリマのブースには、若者が溢れている。そればかりではない。伝統的な短歌結社も動き始めている。現代短歌は実におもしろい。表現の現在がここにある。「新鋭短歌シリーズ」は、今を詠う歌人のエッセンスを届ける。
[出版社より]


「生まれたての感情を奏でる。かけがえのない瞬間を軽やかに閉じ込めた歌の数々。日常と非日常と切なさと幸福が、渾然一体となって輝く」
——東 直子


著 者|水野葵以
監 修|東直子
出版社|書肆侃侃房[新鋭短歌シリーズ]
定 価|1,700円+税
判 型|四六判/並製
頁 数|144

ISBN|978-4-86385-505-2
発 行|2022年02月


[ 収録歌より ]
・旅客機の窓はきらめくそれぞれのパーパス・オブ・ユア・ヴィジットをのせ
・君の背にロールシャッハが咲いていてそれでも好きと思えたら夏
・スーパーで出くわすような気まずさと夜の校舎のような嬉しさ
・日々のバカ 開きっぱなしの踏切でほとぼりが過ぎ去るのを待って
・サササドリと母が呼んでる鳥がいてたぶんこれだな、サササと走る


Author
水野 葵以 Aoi Mizuno
1993年4月30日、東京都生まれ。2018年より作歌を始める。「タクトをふるう」で第62回短歌研究新人賞候補作、「三人家族」で第3回笹井宏之賞最終選考候補作。短歌ネットプリント「ウゾームゾーム」を不定期配信中。著作に、短歌と写真のZINE「あいもかわらず」。
Twitter / Instagram:@TomAoi_24

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト/レターパックプラス

    全国一律 ¥250

※¥5,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • 年年歳歳
    ¥2,145
  • 猫コンプレックス母コンプレックス
    ¥1,650
  • Nさんの机で——ものをめぐる文学的自叙伝
    ¥2,420

商品の評価

Mail Magazine

新商品やキャンペーンなどの最新情報をお届けいたします。