• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

現代美術史——欧米、日本、トランスナショナル

¥1,056

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

20世紀以降、芸術概念は溶解し、定義や可能性を拡張した新しい潮流が続々と生まれている。アーティストは、差別や貧困のような現実、震災などの破局的出来事とどう格闘しているのか。美術は現代をいかに映し、何を投げかけたか。本書は難解と思われがちな現代美術を、特に第二次世界大戦後の社会との関わりから解説、意義づける。世界中の多くの作家による立体、映像、パフォーマンスなど様々な作品で紡ぐ、現代アート入門。
[出版社より]


著 者|山本浩貴
出版社|中央公論新社[中公新書]
定 価|960円+税
判 型|新書判
頁 数|336

ISBN|978-4-12-102562-3
初 版|2019年10月


Contents
前史―社会的芸術運動の萌芽

第1部 欧米編
 拡大された芸術の概念/一九六〇年代~八〇年代
 芸術における関係性をめぐって/一九九〇年代~現在

第2部 日本編
 ひしめき合う前衛美術/一九六〇年代~八〇年代
「大きな物語の終焉」後の芸術/一九九〇年代~現在

第3部 トランスナショナルな美術史
 越境する芸術——戦後ブリティッシュ・ブラック・アート
 脱帝国の技法——東アジア現代美術と植民地主義の遺産

美術と戦争―豊かな可能性の裏面として


Author
山本浩貴 Hiroki Yamamoto
1986年千葉県生まれ。2010年一橋大学社会学部卒業。2018年ロンドン芸術大学博士課程修了(PhD)。2013年から2018年までロンドン芸術大学TrAIN研究センターに博士研究員として在籍。韓国・光州のアジア・カルチャー・センター(ACC)でのリサーチ・フェローを経て、現在は香港理工大学デザイン学部ポストドクトラル・フェロー。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト/レターパックプラス

    全国一律 ¥250

※¥5,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • 搾取都市、ソウル——韓国最底辺住宅街の人びと
    ¥1,870
  • はたらかないで、たらふく食べたい 増補版
    ¥902
  • 現代思想入門
    ¥990

商品の評価

Mail Magazine

新商品やキャンペーンなどの最新情報をお届けいたします。