• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

[改訂版]絵画論の現在 マネからモンドリアンまで[バーゲンブック]

¥ 2,800
¥ 1,400
50%OFF

19世紀半ばから20世紀半ばまでの名画を扱った美術評論。モダニズムの超克、ポストモダンの再考などの視点をしりぞけ、作品に対して帰納的、批判的にメスを入れる。
[出版社より]


著 者|藤枝晃雄
出版社|スカイドア
定 価|2,800円+税
判 型|B6判/並製
頁 数|165

ISBN|9784915879364
初 版|1997年5月


Contents
序文

マネ「草上の昼食」
モネ「印象・日の出」
ピサロ「ポントワーズのエルミタージュ」
スーラ「パレード」
ゴーギャン「黄色いキリスト」
セザンヌ「大水浴図」
ゴッホ「葡萄園とオーヴェルの眺め」
マチス「ニースの大きな室内」
ピカソ「マ・ジョリ」
ブラック「ル・クーリエ紙」
ツァラのダダ
マレーヴィチ「白の上の白の正方形」
ミロ「世界の誕生」
クレー「夕べの火」
モンドリアン「ブロードウェイ・ブギウギ」

あとがき


Author
藤枝晃雄 Teruo Fujieda
1936年福井県に生まれる。京都大学大学院修士課程修了。武蔵野美術大学教授。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • レターパックプラス

    厚さ3センチ、またはA4判を越える商品はこちらで発送します。可能なかぎりおまとめ

    全国一律 ¥ 520

※¥ 4,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • バスキア展 メイド・イン・ジャパン[公式図録]
    ¥ 3,300
  • WHY DRAG?
    ¥ 2,640
  • 文化は人を窒息させる デュビュッフェ式〈反文化宣言〉
    ¥ 2,420

商品の評価