• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい

¥ 1,760

僕もみんなみたいに恋愛を楽しめたらいいのに。大学二年生の七森は“男らしさ” “女らしさ”のノリが苦手。こわがらせず、侵害せず、誰かと繋がれるのかな? ポップで繊細な感性光る小説4篇。

恋愛を楽しめないの、僕だけ? ジェンダー文学の新星!
鋭敏な感性光る小説4篇を収録。
[出版社より]


「真綿のような小説です。みちみちにくるまれて窒息しそうでした」
――児玉雨子[作詞家]

「気鋭の新人による、「どうしても鈍くなれない若者たちの物語」を集めた繊細な作品集。家の中でクイズ番組を見ながら誰かに聞かせるように解答を連呼する父親の姿をはじめ、コミュニケーションに潜むあらゆる加害性に対し丁寧に言葉をあてていく」
――倉本さおり[書評家/「毎日新聞」3月25日夕刊]


著 者|大前粟生
出版社|河出書房新社
定 価|1,600円+税
判 型|四六判/並製
頁 数|176

ISBN|978-4-309-02874-3
初 版|2020年3月


Contents
ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい
たのしいことに水と気づく
バスタオルの映像
だいじょうぶのあいさつ


Author
大前 粟生 Ao Omae
92年生まれ。小説家。京都市在住。同志社大学文学部卒業。著書に短編小説集『回転草』『私と鰐と妹の部屋』(ともに書肆侃侃房)がある。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    厚さ3cmまでの書籍、Blu-ray、DVD、雑貨が対象。同梱も可能です。

    全国一律 250円

※3,600円以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • 安吾人生案内
    ¥ 1,650
  • 汚れた戦争
    ¥ 3,850
  • 僕は庭師になった
    ¥ 1,528

商品の評価

  • ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい

    ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい