• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

カフェ・シェヘラザード

¥ 3,520

SOLD OUT

ホロコーストを生き延びた〈生存者(サヴァイヴァー)〉たちの劇的な経験と記憶が、いま語られる……。

メルボルンに実在したカフェ《シェヘラザード》。ナチスに蹂躙された故国ポーランドを脱出し、奇跡的に杉原千畝のヴィザを取得。神戸、そして上海を経由して、はるばるオーストラリアにたどりついたユダヤ難民/移民たちの声が、カフェを舞台にポリフォニックに響く――。モノクローム映画のように静謐な筆致で現代史の局面を描き出した、オーストラリア在住の著者の代表作。装画:宮森敬子
[出版社より]


原 書|Cafe Scheherazade
著 者|アーノルド・ゼイブル
訳 者|菅野賢治
出版社|共和国[境界の文学]
定 価|3,200円+税
判 型|四六変型判/上製
頁 数|320

ISBN|978-4-907986-72-8
初 版|2020年8月


Contents
カフェ・シェヘラザード

  
著者あとがき
訳者あとがき


Author
アーノルド・ゼイブル Arnold Zable
1947年、ニュージーランドのウェリントンに生まれ、幼少期にオーストラリアへ移住。現在はメルボルンを拠点に創作活動を行なっている。また、人権活動家としても移民・難民問題について発言している。主な作品に、『水車小屋』(2020年)、『いくつもの帰還の海』(2008年)、『いちじくの木』(2002年)、『宝石と灰』(1991年)がある。本書『カフェ・シェヘラザード』(2001年)が、日本では初紹介となる。

Translator
菅野 賢治 Kenji Kanno
1962年、岩手県に生まれる。東京理科大学理工学部教授。パリ第10(ナンテール)大学博士課程修了。専門は、フランス語フランス文学、ユダヤ研究。主な著書に、『フランス・ユダヤの歴史』(上下、慶應義塾大学出版会、2016年)、『ドレフュス事件のなかの科学』(青土社、2002年)、主な訳書に、ヤコヴ・ラブキン『トーラーの名において』(平凡社、2010年)、レオン・ポリアコフ『反ユダヤ主義の歴史』(共訳、全5巻、筑摩書房、2005~07年)がある。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    厚さ3cmまでの書籍、Blu-ray、DVD、雑貨が対象。同梱も可能です。

    全国一律 ¥ 250

※¥ 4,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • 沈没家族――子育て、無限大。
    ¥ 1,760
  • 屋上で会いましょう
    ¥ 1,760
  • 権力と音楽――アメリカ占領軍政府とドイツ音楽の「復興」
    ¥ 3,080

商品の評価