• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

コロナ後の世界 いま、この地点から考える

¥ 1,650

SOLD OUT

免疫学、精神医学、社会学、哲学・現代思想、経済学、医学史、政治学、科学史など、第一線で活躍する12人の知性による、圧倒的熱量の論集!世界を襲ったCOVID-19。深刻かつ多方面にわたるその影響。危機の正体と、到来する未来を、多角的に検証。
[出版社より]


編 者|筑摩書房編集部
出版社|筑摩書房
定 価|1,500円+税
判 型|四六判/並製
頁 数|328

ISBN|978-4-480-86474-1
初 版|2020年09月


Contents
1 ニッポン社会のクライシス
 免疫からみえるコロナの行く末  小野昌弘
 2020年のパンデミックと「倫理のコア」——「日本モデル」が示す人と組織の劣化  宮台真司
 コロナ・ピューリタニズムの懸念  斎藤環

2 コロナ時代の新・課題
 コロナショックドクトリンがもたらす円高帝国  松尾匡
 一汁一菜のコスモロジー——土井善晴論  中島岳志 
 コロナ危機、民主主義、そして世界的連帯  宇野重規

3 「その先」を深く考える
 Covid-19のパンデミーと食肉の問題  鈴木晃仁
 「ポスト・コロナ・エイジ」を考えるためのエクササイズ  神里達博
 公衆衛生と医療——集団の救済と病人の救済  小泉義之

4 コロナ後の世界
 “不可知性”の社会——“不可知性”に統治される未来をどう生きるか  柴田悠
 パンデミック・デモクラシー  中島隆博
 もうひとつの別の経済へ  大澤真幸

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    厚さ3cmまでの書籍、Blu-ray、DVD、雑貨が対象。同梱も可能です。

    全国一律 ¥ 250

※¥ 4,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • 性からよむ江戸時代 生活の現場から
    ¥ 902
  • ドイツ植民地研究
    ¥ 4,290
  • 人間
    ¥ 1,047

商品の評価