• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

コロナ後の世界を生きる——私たちの提言

¥ 990

SOLD OUT

新型コロナのパンデミックをうけて、私たちはどのような時代に突入するのか。私たちを待ち受けているのは、いかなる世界なのか。コロナ禍によって照らしだされた社会の現実、その深層にある課題など、いま何を考えるべきなのか。コロナ後の世界を生き抜くための指針を、各界の第一人者二四名が提言する緊急出版企画。
[出版社より]


編 者|村上陽一郎
出版社|岩波書店[岩波新書]
定 価|900円+税
判 型|新書判
頁 数|306

ISBN|9784004318408
初 版|2019年07月


Contents
編者の言葉

Ⅰ 危機の時代を見据える
 藤原辰史 ◆ パンデミックを生きる指針――歴史研究のアプローチ
 北原和夫 ◆ 教育と学術の在り方の再考を
 高山義浩 ◆ 新型コロナウイルスとの共存――感染症に強い社会へ
 黒木登志夫 ◆ 日本版CDCに必要なこと
 村上陽一郎 ◆ COVID―19から学べること

Ⅱ パンデミックに向き合う
 飯島 渉 ◆ ロックダウンの下での「小さな歴史」
 ヤマザキマリ ◆ 我々を試問するパンデミック
 多和田葉子 ◆ ドイツの事情
 ロバート キャンベル ◆ 「ウィズ」から捉える世界
 根本美作子 ◆ 近さと遠さと新型コロナウイルス

Ⅲ コロナ禍と日本社会
 御厨 貴 ◆ コロナが日本政治に投げかけたもの
 阿部 彩 ◆ 緊急事態と平時で異なる対応するのはやめよ
 秋山正子 ◆ 訪問看護と相談の現場から
 山口 香 ◆ スポーツ、五輪は、どう変わるのか
 隈 研吾 ◆ コロナの後の都市と建築

Ⅳ コロナ禍のその先へ
 最上敏樹 ◆ 世界隔離を終えるとき
 出口治明 ◆ 人類史から考える
 末木文美士 ◆ 終末論と希望
 石井美保 ◆ センザンコウの警告
 酒井隆史 ◆ 「危機のなかにこそ亀裂をみいだし、集団的な生の様式について深く考えてみなければならない」
 杉田 敦 ◆ コロナと権力
 藻谷浩介 ◆ 新型コロナウイルスで変わらないもの・変わるもの
 内橋克人 ◆ コロナ後の新たな社会像を求めて
 マーガレット・アトウッド ◆ 堀を飛び越える

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥ 250が掛かります。

Related Items

  • 彼女の名前は
    ¥ 1,760
  • 東映動画史論 経営と創造の底流
    ¥ 3,520
  • 旅のコマんドー[アジア編]
    ¥ 1,540

商品の評価