• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

ファッションの哲学

¥ 3,080

ファッションは身体と流行の関わりという視点から、文化〈カルチャー〉・産業〈ビジネス〉・表現〈デザイン〉をいかに説明するのか? これからファッションを論じるための5章。

服を着るということはどういうことか? 自己表現としてのファッションなのか、あるいはあくまで「衣」としての機能が果たせればいいのか? 服を着ることが、知らぬ間に社会を変えているのだとしたら? 本書では、身体、メディア、社会の変化、モードの意味、ブランドの意義、貧困と格差、環境への負荷など、様々な視点から「服を着る」ことの本質的な意味を考えていく。ファッションを語る前に、まずは本書を読んでほしい。

[ここがポイント]
・ ファッションを学ぶ・創る・装うすべての人に読んでほしい、ファッションを語るための基本書。
・ 「服を着る」ことについて、ビジネス、歴史、身体論l、メディア論、環境など、あらゆる角度から考察。
・ ファッション論を切り口として、倫理、哲学、社会、歴史について幅広く問いかける。
[出版社より]


著 者|井上雅人
出版社|ミネルヴァ書房
定 価|2,800円+税
判 型|四六判/並製
頁 数|480

ISBN|9784623084951
初 版|2019年12月


Contents
はじめに ファッションという哲学

第1章 着ているもので、その人がわかる
 1 ファッションは行為か現象か
 2 自分は誰かという問い
 3 個性が無くてはダメなのか
 4 女らしさと装飾
 5 見られる性
 6 ファッションは言語か
 7 他人を見た目で判断できるか

第2章 ファッションは身体を解放した
 1 自我と身体
 2 拡張される身体
 3 身体の規範
 4 美しい身体
 5 スーツと多様性
 6 クリノリンの機能性
 7 ミニスカートと走る身体
 8 エスニックな身体
 9 反社会的な身体

第3章 ファッションは美を作る
 1 身体のパッケージ
 2 アンチ・モダンデザイン
 3 身体のモダンアート
 4 インテリア・デザインの作用
 5 布の人類史
 6 オートクチュールの役割
 7 デザイナーは何をする人か
 8 シャネルの闘い

第4章 欲望と誘惑と搾取のビジネス
 1 ファッション・アイテム・マーケティング
 2 ブランドと本物
 3 流行の哲学
 4 カワイイの哲学
 5 ファストファッションの夢
 6 グローバリズムに良いことはあるのか
 7 ファッションと倫理
 8 マスメディアと同調作用

第5章 からだを作り出すちから
 1 生活技術としてのファッション
 2 新しい身体を作る
 3 シンボルとしての身体
 4 ストリート・ファッションの神話
 5 ファッション・アソシエーション

おわりに ファッションと世界の行方

主要参考文献
人名索引・事項索引


Author
井上 雅人 Masahito Inoue
2019年12月現在 武庫川女子大学生活環境学部准教授。 専攻はデザイン史,ファッション史,物質生活史。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    厚さ3cmまでの書籍、Blu-ray、DVD、雑貨が対象。同梱も可能です。

    全国一律 ¥ 250

※¥ 4,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • 沈没家族――子育て、無限大。
    ¥ 1,760
  • 屋上で会いましょう
    ¥ 1,760
  • 権力と音楽――アメリカ占領軍政府とドイツ音楽の「復興」
    ¥ 3,080

商品の評価