• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

絶体絶命文芸時評

¥ 2,200

批評から創作へ——。

映画の人、音楽の人、演劇の人、そして文学の人へ。多面体ゆえに球はどこからでも飛んでくる。しかもいつも真剣勝負だ。長年の批評者から創作者へと切り込んだ彼の時評は、核心を突く。創作の道で迷ったら読んでほしい。

佐々木敦、たぶん最後の文芸時評。

「文芸時評をやるにあたっての私の方針は、とにかく愚直に(頑固に?)、なるべく小説を取り上げていこう、ということだった。まずは何を措いても「小説」を評さなくてはならない。文芸誌には文芸誌にしか載らないような、或る種の(この「或る種の」が問題なのだけど)小説が載っている。私はそれをとても興味深く、好ましいことだと考えている」(著者あとがきより)
[出版社より]


著 者|佐々木敦
出版社|書肆侃侃房
定 価|2,000円+税
判 型|四六判/並製
頁 数|336

ISBN|978-4-86385-415-4
初 版|2020年09月


Contents
時評
 2015   
 2016  
 2017   
 2018  
 2019   
 2020

「あたらしい小説」のために 今村夏子論 
私的平成文学クロニクル
文芸評論
批評から創作へ 倉本さおり×佐々木敦

あとがき


Author
佐々木 敦 Atsushi Sasaki
1964年名古屋市生まれ。HEADZ主宰。文学ムック「ことばと」編集長。芸術文化の複数の分野で活動。執筆した論考、著書とも多数。広義の文芸評論の著作として『絶対安全文芸批評』『文学拡張マニュアル』『小説家の饒舌』『批評時空間』『シチュエーションズ』『あなたは今、この文章を読んでいる。』『ニッポンの文学』『例外小説論』『筒井康隆入門』『新しい小説のために』『「小説家」の二〇年「小説」の一〇〇〇年』『私は小説である』『これは小説ではない』がある。2020年8月、過去十数年の単行本未収録批評を集成した『批評王』が刊行された。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥ 250が掛かります。

Related Items

  • 世界を物語として生きるために
    ¥ 1,980
  • リバー・ワールド
    ¥ 1,980
  • 白鯨 [上]
    ¥ 1,254

商品の評価