• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

閨房哲学

¥4,180

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

『閨房哲学』は、18世紀以前の思想や同時代の啓蒙思想が入り込み、豊饒なテクストが形成されている。サドの哲学が性と見事に結びついたリベルタン文学の集大成であり、とりわけ途中挿入された「フランス人よ、共和主義者になりたければあと一息だ」は有名だ。

これまでにも翻訳がみられるが、本書は18世紀初版本の当時のテクストを忠実に再現し、最新の研究成果をともなった詳細な註と解説を付す決定版といえる。
[出版社より]


著 者|マルキ・ド・サド
訳 者|関谷一彦
出版社|人文書院
定 価|3,800円+税
判 型|四六判/上製
頁 数|346

ISBN|9784409130360
初 版|2014年12月


Author
マルキ・ド・サド Marquis de Sade
フランス革命期の貴族、小説家。代表作に『悪徳の栄え』『ソドムの百二十日』など。

関谷一彦 Kazuhiko Sekitani
1954年、大阪府生まれ。関西大学大学院文学研究科フランス文学専攻博士後期課程修了、リヨン第2大学でDEAを取得。現在関西学院大学教授。専門は18世紀フランス文学、リベルタン文学。共著書に『危機を読む ―モンテーニュからバルトまで―』(白水社)、Lire Sade (L'Harmattan)、L'Invention de la catastrophe au XVIIIè siècle (Droz)、論文は「ディドロのエクリチュールのエロティスム」、「性を通してみた日本とフランス ―ルソーのエミールの位置―」、「18世紀フランスのエロティックな版画と日本の春画」など、翻訳には『人間の領域 迷宮の岐路』(法政大学出版局)、『愛の行為』(彩流社)がある。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥250が掛かります。

Related Items

  • 爆弾魔 続・新アラビア夜話
    ¥2,970
  • ISSUE 和田誠のたね
    ¥1,760
  • ポルトガル、西の果てまで
    ¥2,640

商品の評価