• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

晩年のカント

¥ 990

哲学者は精神の黄昏といかに向かい合ったか。

還暦を過ぎ、ようやく購入した自宅。いっさいの装飾を欠いた空間で、家族とのつきあいも絶ち、老哲学者カントは何を考えていたのか? 三批判書を書き上げ、名声を確かなものとした彼を襲った、ある筆禍事件とは? 

同業の哲学者は一度として招待せず、連日四、五時間におよぶ食卓で繰り広げられる会話。女性や人種に対する高慢と偏見の集積。人の名前を覚えられなくなり、アルファベット順の引き出しをこしらえて会見に臨む姿。ケーニヒスベルク市内の年長の高齢者に対する異様な関心――。
ある老哲学者の、ぎこちない下手な生き方を辿る。
[出版社より]


著 者|中島義道
出版社|講談社[講談社現代新書]
定 価|900円+税
判 型|新書判
頁 数|240

ISBN|978-4-06-522233-1
発 行|2021年01月

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥ 250が掛かります。

Related Items

  • 日常的実践のポイエティーク
    ¥ 1,870
  • リベラリズムとは何か
    ¥ 1,210
  • 政治活動入門
    ¥ 2,090

商品の評価