• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

“ひとり出版社”という働きかた[増補改訂版]

¥2,002

再入荷のお知らせを希望する

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

今日も人に会い、本を作る。明日もきっと、どうにかなる。

港の人、赤々舎、ミシマ社、土曜社、タバブックス…小出版社を立ち上げた彼らの個性豊かな発想とその道のり、奮闘をリアルに綴る。新たにコロナ後の働きかた、出版記を増補。
[出版社より]


「これは女の声たちであり、詩であり、ノンフィクションと文学の裂け目を繋ぐ新しい表現だ」
——ブレイディみかこ


編 者|西山雅子
出版社|河出書房新社
定 価|1,820円+税
判 型|四六判・並製
頁 数|269

ISBN|9784309300108
初 版|2021年07月


Contents
第1章 ひとりだからできること(
 小さい書房・安永則子
 土曜社・豊田剛
 港の人・上野勇治

スペシャル・インタビュー 詩人・谷川俊太郎

第2章 地方での可能性を拓く
 ミシマ社・三島邦弘
 赤々舎・姫野希美
 サウダージ・ブックス・淺野卓夫

第3章 信じる“おもしろさ”を貫く
 ゆめある舎・谷川恵
 ミルブックス・藤原康二
 タバブックス・宮川真紀
 インタビュー トムズボックス・土居章史

第4章 つながりをも編む
 島田潤一郎(夏葉社)
 石橋毅史(ライター)
 内沼晋太郎(ブック・コーディネーター)


Editor
西山 雅子 Masako Nishiyama
1970年生まれ。美術雑誌、児童書出版社の編集職を経てフリーランスに。おもに絵本の出版企画・編集・執筆等の活動をしている。絵本と芸術書のひとり出版社「月とコンパス」代表。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥250が掛かります。

Related Items

  • 日本のアニメーションはいかにして成立したのか
    ¥3,740
  • 東映動画史論 経営と創造の底流
    ¥3,520
  • テアトロン 社会と演劇をつなぐもの
    ¥3,135

商品の評価