• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

ヒッピーのはじまり

¥2,970

再入荷のお知らせを希望する

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

本当はヒッピーに憧れているすべての人へ。

はじまりの地で、はじまりの時からフラワー・チルドレンに混じり、観察を続けた女性人類学者による鮮烈な記録。
[出版社より]


「当時の記憶」でも「先人から聞いたもの」でもなく、新鮮な記録が生きたまま閉じ込められている! ヒッピーとは“ファッション”ではなく、“生き方”なのだ。メディアや噂に歪められておらず、伝説に美化されていないリアルな姿を知ることが出来る稀有な必読書。こんなに面白い本が翻訳されて、私は心から嬉しい!」
――松尾レミ[GLIM SPANKY]

「六七年初頭のヘイト・アシュベリーには博士号取得者もいたし中退者もいた。菜食主義者もいれば肉食者もいた。LSDに耽る若者もいれば、それを毛嫌いする者もいた。肌の色や宗教にかかわらず大量の人間が寄り集まっていた。肩を寄せ合って生活する、まるで集落生活だった。既存の価値観が塗り潰したものを新しく掬い上げようとしていた。六〇年代、世界中でこのムーブメントが動き始めていた。鬨の声を今でも私たちは若者たちの歌のなかに聴き取ることができる」
——本文より


著 者|ヘレン・S・ペリー
訳 者|阿部大樹
出版社|作品社
定 価|2,700円+税
判 型|四六判・並製
頁 数|314

ISBN|978-4-86182-845-4
初 版|2021年05月


Contents
異邦人、旧友
街が観光地になる前
アメリカ西海岸の公民権運動
無邪気な生命
聖パウロの回心
ヒューマン・ビーイン
フィルモアの黒人たち
お金は燃やして
ロイ・バラードのこと
街と孤独
うら若き少女
沈黙の終わり


Author
ヘレン・S・ペリー Helen S. Perry
1911~2001。大戦中には戦時生産局に働き、1946年以降は雑誌『サイキアトリー』の常任編集者となる。50年代から70年代にかけて精神科医H・S・サリヴァンの膨大な遺稿を整理編纂したが、以降は学界から離れてカナダのコミューン運動に加わった。著書=『サリヴァンの生涯1・2』(中井久夫・今川正樹訳、みすず書房)。

Translator
阿部 大樹 Daiju Abe
精神科医。松沢病院、川崎市立多摩病院等に勤務。著書=『翻訳目録』(雷鳥社)、訳書=H・S・サリヴァン『精神病理学私記』(日本評論社、第6回日本翻訳大賞)、R・ベネディクト『レイシズム』(講談社学術文庫)。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥250が掛かります。

Related Items

  • 働くことの人類学[活字版]仕事と自由をめぐる8つの対話
    ¥2,200
  • なぜ歴史を学ぶのか
    ¥1,760
  • 無と意識の人類史
    ¥1,980

商品の評価