• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

佐藤真の不在との対話——見えない世界を撮ろうとしたドキュメンタリー映画作家のこと

¥1,650

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

見るとは、伝えるとは、普遍とは何か——“映画哲学者”佐藤真に触れる対話集。

『 阿賀に生きる』『SELF AND OTHERS』『まひるのほし』『花子』『阿賀の記憶』『エドワード・サイード OUT OF PLACE』など、優れたドキュメンタリー映画を生み出し、07年に急逝した映画作家、佐藤真。それまで事件や社会課題を糾弾するのが命題だったドキュメンタリーというジャンルにおいて、「見えない世界」を撮り、問題の本質を炙り出すという方法論は、さまざまな示唆に富んでいた。 本書は、混迷を極めた現代もなお深い思考を促す佐藤の映画と言葉のもつ意味を探ろうとする人々による対話集である。
[出版社より]


編 者|里山社
出版社|里山社
定 価|1,500円+税
判 型|A5判・並製
頁 数|160

ISBN|978-4-907497-15-6
初 版|2021年10月


Contents
小森はるか 佐藤真監督の葛藤に救われた
小林茂 わからないから撮る
山根貞男 映画哲学者、佐藤真
赤坂憲雄×旗野秀人 「福島に生きる」は可能か
旗野秀人×永野三智 「遅れてきた若者」だからできること
神谷丹路  プライベートな世界を撮ること
細馬宏通 意味よりも過程を見ていたい
保坂和志 見つめられないものこそ日常
諏訪敦彦 世界は見渡すことができない 
北小路隆志×八角聡仁 佐藤真は終生ドキュメンタリー作家だった
石田優子 彷徨いつづけることを認める
佐藤真の視線でーー

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥250が掛かります。

Related Items

  • 近代を彫刻/超克する
    ¥1,430
  • ことばと vol.4 ことばとからだ
    ¥1,760
  • 半睡
    ¥1,760

商品の評価