• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

近代を彫刻/超克する

¥1,430

SOLD OUT

再入荷通知を希望する

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

〈思想的課題〉としての彫刻を語りたい——。 

街角の彫像から見えてくる、もう一つの日本近現代史、ジェンダーの問題、公共というもの……。
都市に建立され続け、時に破壊され引き倒される中で、彫刻は何を映すのか。
注目の彫刻家・批評家が放つ画期的な論考。
[出版社より]


著 者|小田原のどか
出版社|講談社
定 価|1,300円+税
判 型|四六判/上製
頁 数|146

ISBN|978-4-06-525287-1
初 版|2021年10月


Contents
1章 空の台座
 彫刻という困難
 彫刻が可視化するもの
 記念碑としての彫像 ほか

2章 拒絶される彫刻
 破壊される彫像
 光太郎とロダン
 “風雪の群像” ほか

3章 彫刻を語る
 「彫刻」となったレーニン
 “わだつみの声”
 「もうひとつの東京裁判」 ほか


Author
小田原 のどか Nodoka Odawara
1985年、宮城県仙台市生まれ。多摩美術大学彫刻学科卒業後、東京藝術大学大学院美術研究科にて修士号、筑波大学大学院人間総合科学研究科にて博士号を取得。芸術学博士。彫刻家/アーティストとしての活動と並行して、彫刻研究、版元経営、書籍編集、展覧会企画、評論執筆を行う。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥250が掛かります。

Related Items

  • 増補 現代美術逸脱史 1945-1985
    ¥1,650
  • 女たちのポリティクス 台頭する世界の女性政治家
    ¥990
  • ぼくらの時代の罪と罰
    ¥1,980

商品の評価