• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

メディアの文明史——コミュニケーションの傾向性とその循環

¥1,650

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

粘土板と楔形文字というメディアを擁したメソポタミア文明。やがて薄くて軽いパピルスと尖筆が出現し、別の性格を有する社会へと文明が展開する——。

コミュニケーション・メディアの深奥部には〈バイアス=傾向性〉が潜んでおり、長期間使用することによって、新しい社会の特性が決定づけられ、その時代の人々の思考様式などが変化していく。技術革新の進む20世紀半ば、ダイナミックな文明史観とともに、今日的なメディア産業批判にも通じる議論を提示したメディア論の必読古典。マーシャル・マクルーハンの序文を付す。解説=水越伸。
[出版社より]


著 者|ハロルド・イニス
訳 者|久保秀幹
出版社|筑摩書房[ちくま学芸文庫]
定 価|1,500円+税
判 型|文庫版/並製
頁 数|444

ISBN|9784480510846
刊 行|2021年11月


Contents
序文(マーシャル・マクルーハン)

ミネルヴァの梟〔文明史におけるメディアの意義〕
コミュニケーションの傾向性〔メディアの特性と文明の諸形態〕
時間を弁護して〔メディアと時間概念の歴史〕
空間の問題〔メディアと空間支配の歴史〕
産業主義と文化的価値〔現代文明と機械化-産業化されたメディア〕
一八世紀のイギリス出版業
合衆国における科学技術と世論
「批判的検討」

付録一 北米におけるコミュニケーションと電磁波資源についてのノート
付録二 成人教育と大学
訳注/訳者あとがき/文庫版訳者あとがき
文庫版解説 現代メディアへの予言の書 水越伸


Author
ハロルド・イニス Harold Innis
1894-1952年。カナダ、オンタリオ生まれ。シカゴ大学で博士号取得後、トロント大学教授。政治・経済史学者であると同時に、メディア論、コミュニケーション理論の先駆者。トロント大学においてマーシャル・マクルーハンなどの後継者を生みだし、後の歴史社会学におけるトロント学派の基盤をつくることになった。

Translator
久保秀幹 Shukan Kubo
1950年生まれ。法政大学文学部哲学科卒業、法政大学講師。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト/レターパックプラス

    全国一律 ¥250

※¥5,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • ドライブイン探訪
    ¥990
  • ポストモダニティの条件
    ¥2,200
  • スイッチョねこ
    ¥1,980

商品の評価

Mail Magazine

新商品やキャンペーンなどの最新情報をお届けいたします。