• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

ホワイト・フラジリティ 私たちはなぜレイシズムに向き合えないのか?

¥2,750

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

私は差別などしない――だが、それは真実か?

私は相手の肌の色など気にしない。人格で判断すべきと分かっているから――だがこうした差別の否認は、白人の心の脆さ(ホワイト・フラジリティ)と特権を示しているだけだ。マジョリティの誰もが人種差別主義(レイシズム)を抱える根拠と対処法を明示し、米国で大反響を巻き起こしたベストセラー。
[出版社より]


著 者|ロビン・ディアンジェロ
監 訳|貴堂嘉之
訳 者|上田勢子
出版社|明石書店
定 価|2,500円+税
判 型|四六判・上製
頁 数|256

ISBN|9784750352060
初 版|2021年06月


Contents
はしがき

序 ここからはたどり着けない
Ⅰ レイシズムについて白人と話すのはなぜ困難か
Ⅱ レイシズムと白人至上主義
Ⅲ 公民権運動後のレイシズム
Ⅳ 人種は白人の生活をどう形作ったか
Ⅴ 善/悪の二項対立
Ⅵ 反黒人性
Ⅶ 白人にとって何が人種をめぐる引き金となるか
Ⅷ 白人の心の脆さという結論
Ⅸ 白人の心の脆さによる行動
Ⅹ 白人の心の脆さと関与のルール
XI 白人女性の涙
XII ここからどうすればいいのか

寄稿 カイザー・ソゼ、ビヨンセ、証人保護プログラム[マイケル・E・ダイソン]
監訳者解説[貴堂嘉之]

 註
 参考文献


Author
ロビン・ディアンジェロ Robin Diangelo
批判的言説分析と白人性研究の分野で活躍する研究者、教育者であり作家。ウェストフィールド州立大学とワシントン大学にて教鞭。20年以上にわたり、人種問題と社会正義についてコンサルティングとトレーニングを実施。What Does It Mean to Be White?: Developing White Racial Literacy など多くの著書がある。本書のもととなった論説 “White Fragility" は米国の人種論争に影響を与えた。ニューヨーク・タイムズ、カラーラインズ、サロン、アトランティックなど各紙、メディアに引用され、NPR(米公共ラジオ局)でも紹介された。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※別途送料がかかります。送料を確認する

送料・配送方法について

この商品の送料・配送方法は下記のとおりです。
¥5,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

  • クリックポスト/レターパックプラス

    全国一律 ¥250

Related Items

  • トランスジェンダー問題――議論は正義のために
    ¥2,200
  • ええかげん論
    ¥1,980
  • 性と芸術
    ¥1,760

商品の評価

Mail Magazine

新商品やキャンペーンなどの最新情報をお届けいたします。